高級SUVとして大人気のハリアーがマイナーチェンジを発表した。2L直噴ターボエンジン搭載車を新設定したほか、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備するなど、高級SUVのパイオニアとしてさらに魅力を高めている。

2Lガソリン、2.5Lハイブリッドに加え、スポーティな走りも楽しめる2Lターボ車(写真)が加わり、さらに高級SUVとしての魅力が高まったハリアー。

今回のマイナーチェンジでは、滑らかで爽快な加速感を実現する2L直噴ターボエンジン(8AR-FTS型)搭載車の新設定が最大のトピック。最高出力170kW(231ps)、最大トルク350Nm(35.7kgm)を発生する新エンジンは、スポーツモード付き6速ATミッションとの組み合わせで滑らかな加速感が味わえる。またターボ車専用に強化されたシャシには、前後にパフォーマンスダンパーを装着。ロール剛性を上げて、高速走行時の直進安定性や操縦安定性を高めているのが特徴だ。ホイールも専用の18インチアルミが奢られている。

画像: 最高出力231psを発生する2L直噴ターボエンジン(8AR-FTS型)。

最高出力231psを発生する2L直噴ターボエンジン(8AR-FTS型)。

全車に標準装備される「Toyota Safety Sense P」ほか安全装備もさらに充実。右左折時には内側から外側に流れるように光って視認性を高める「シーケンシャルターンランプ」や、ヘッドランプ点灯時にウインカーやステアリング操作と連動して点灯するLEDコーナリングランプの採用など、ほかにも安全性と利便性を大幅に高めている。

画像: 流れるウインカーの採用で視認性を大幅に高めている。

流れるウインカーの採用で視認性を大幅に高めている。

エクステリアでは、フロントグリル/バンパー形状を変更してアンダーグリル開口部を強調した新デザインを採用。リアコンビランプの発光方式も変更し、ひと目でハリアーだとわかるテールを演出している。またインテリアには、アルミヘアライン加飾を施したシフトパネルやプレミアムナッパ本革を採用したシート表皮など「本物」を追求。高級SUVとして、いちだんと魅力が高められている。

リアコンビランプの発光パターンを変更。新型ハリアーの個性を強調する。

グレード&価格(税込み)

ELEGANCE
[2Lガソリン車:294万9480円(FF) 314万3880円(4WD)]
[2Lターボ車:338万400円(FF) 357万4800円(4WD)]
[2.5Lハイブリッド車:377万4600円]

PREMIUM
[2Lガソリン車:324万9720円(FF) 344万4120円(4WD)]
[2Lターボ車:351万9720円(FF) 371万4120円(4WD)]
[2.5Lハイブリッド車:407万4840円]

PREMIUM Metal and Leather Package
[2Lガソリン車:359万9640円(FF) 379万4040円(4WD)]
[2Lターボ車:385万200円(FF) 404万4600円(4WD)]
[2.5Lハイブリッド車:442万4760円]

PROGRESS
[2Lガソリン車:378万円(FF) 397万4400円(4WD)]
[2Lターボ車:405万円(FF) 424万4400円(4WD)]
[2.5Lハイブリッド車:460万4040円]

PROGRESS Metal and Leather Package
[2Lガソリン車:412万9920円(FF) 432万4320円(4WD)]
[2Lターボ車:438万480円(FF) 457万4880円(4WD)]
[2.5Lハイブリッド車:495万3960円]

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.