2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦ラリー・ポーランドが6/29(木)〜7/2(日)の4日間、ポーランド北東部のミコワイキを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(ヤリスWRC#11号車)が総合10位、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)が総合20位でフィニッシュ。悪天候による劣悪な路面コンディションとなった高速グラベルラリーで、多くのデータを収集し、実戦経験を積むという目標を達成した。
画像: WRC 第8戦 ラリー・ポーランド トヨタ タフなラリーを戦い抜きハンニネンが10位で完走

競技最終日となるデイ4はSSが4本、計59.66kmと走行距離こそ短いが、依然としてタフなステージが控えており緊張感のある戦いが続いた。雨により路面は非常に滑りやすく、小さなミスが大きなアクシデントに繋がる可能性を秘めていた。

そのような難しいコンディションでハンニネンは安定した走りを続け、前日よりもひとつ順位を上げ10位でフィニッシュ。今季6回目となるポイント獲得を果たした。

また、前日マシントラブルでリタイアとなったラトバラは、サービスで問題を解決しラリー2規定によりデイ4に再出走。ボーナスポイントがかかるパワーステージの最終SSでは、2位に4.9秒差をつけるベストタイムを刻み、ボーナスの選手権ポイント5点を獲得。ドライバーズランキングで3位に浮上した。

総合優勝はティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)で、今シーズン3勝目。総合2位にはパッドンが入り、ヒュンダイがワン・ツー・フィニッシュを達成した。総合3位にはセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)が続いた。

トミ・マキネン(チーム代表)のコメント

画像: トミ・マキネン(チーム代表)のコメント

ヤリ-マティはパワーステージでトップタイムを記録し最大ボーナスポイントの5点を獲得、ユホはトップ10フィニッシュを果たしポイントを獲得するなど、今日は我々の狙いどおりの結果となりました。ヤリ-マティはデイ3のリタイアから見事に復活し、それ以前にトップ争いをしていた時のスピードを取り戻しました。残念ながら上位フィニッシュは叶いませんでしたが、トップを競うスピードを備えている事は証明できたので、今回の経験を次のラリー・フィンランドにつなげたいと思います。

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC #10号車)

画像: ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC #10号車)

デイ3のリタイアは残念でしたが、重要なのは今日、再出走を果たしパワーステージで最速だった事です。サービスでクルマを直し、再出走を手助けしてくれたチームに感謝します。パワーステージのスタート前には集中力を高め、すべてのコーナーやブレーキングポイントを頭の中で再確認しましたが、それが奏功し最大となる5ポイントを獲得できました。選手権争いにとってはとても重要な事だと思います。クルマはとても速く、次戦以降もライバルと対等に戦えるという自信を得たのは、大きな収穫です。

ユホ・ハンニネン (ヤリスWRC #11号車) の

画像: ユホ・ハンニネン (ヤリスWRC #11号車) の

とても挑戦のしがいのある週末でした。ウェットコンディションとなったコースは非常に難しく、路面が硬いところではまずまずのペースでしたが、軟らかくて深い轍(わだち)が刻まれた路面ではかなりタイムを失い、走りに満足できませんでした。それに関しては、今後改善すべき課題だと思っています。次のラリー・フィンランドに向けては事前にテストを予定していますし、より良い結果を得られるのでは、と期待しています。

ラリー・ポーランド デイ4の結果

1位:ティエリー・ヌービル/ニコラス・ジルソー (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) 2h40m46.1s
2位:ヘイデン・パッドン/セバスチャン・マーシャル (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +1m23.9s
3位:セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア (フォード フィエスタ WRC) +2m20.8s
4位:ダニ・ソルド/マルク・マルティ (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +2m47.4s
5位:ステファン・ルフェーブル/ギャバン・モロー (シトロエン C3 WRC) +3m11.8s
6位:テーム・スニネン/ミッコ・マルックラ (フォード フィエスタ WRC) +3m16.8s
7位:マッズ・オストベルグ/オーラ・フローネ (フォード フィエスタ WRC) +3m39.6s
8位:エルフィン・エバンス/ダニエル・バリット (フォード フィエスタ WRC) +4m39.1s
9位:アンドレアス・ミケルセン/アンダース・ジーガー (シトロエン C3 WRC) +4m43.5s
10位:ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム (トヨタ ヤリス WRC) +4m53.7s
20位:ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ (トヨタ ヤリス WRC) +28m01.0s
リタイア:エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (トヨタ ヤリス WRC)

2017 FIA世界ラリー選手権 ドライバーズランキング (第8戦終了後)

1位:セバスチャン・オジエ 160
2位:ティエリー・ヌービル 149
3位:ヤリ-マティ・ラトバラ 112
4位:オット・タナック 108
5位:ダニ・ソルド 82
6位:エルフィン・エバンス 57
7位:ヘイデン・パッドン 51
8位:クレイグ・ブリーン 43
9位:ユホ・ハンニネン 30
10位:クリス・ミーク 27
13位:エサペッカ・ラッピ 20

2017 FIA世界ラリー選手権 マニュファクチャラーズランキング (第8戦終了後)

1位:Mスポーツワールドラリーチーム 259
2位:ヒュンダイ・モータースポーツ 237
3位:TOYOTA GAZOO Racing WRT 153
4位:シトロエン・トタル・アブダビ・ワールドラリーチーム 117

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.