三菱自動車が主催する、今年で15回目を数えるイベント「スターキャンプ2017 in朝霧高原」が7月29−30日、静岡県富士宮市の朝霧高原にある「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」で開催された。
画像: 三菱スターキャンプ2017in朝霧高原のワンシーン。キャンプサイトでは知らない人同士の交流が。

三菱スターキャンプ2017in朝霧高原のワンシーン。キャンプサイトでは知らない人同士の交流が。

日中はさまざまな体験プログラムが目白押し

1991年から行われている、三菱「スターキャンプ2017」が、今年も7月29-30日、朝霧ジャンボリーオートキャンプ場で行われた。

このイベントは今年で15回目を迎えた歴史のあるもので、三菱車オーナーだけではなく、他メーカーのクルマのオーナーさんでも参加が可能な1泊2日のキャンプイベント。今年は抽選で当選した220組、791名が参加した。

イベント広場では、「遊べる」「学べる」体験プログラムが目白押し。オトーサンが楽しめるものとしては、自分でハンドルを握って運転ができる「三菱SUVオフロード同乗&試乗会」「三菱SUV試乗会」が人気。三菱SUVならではの優れたオフロード/オンロード走行性能を体験できる貴重な機会で、人気が高かった。

ファミリーに人気だったのは「4WDキット同乗体験会」。これは最大45度の急坂登坂が体験できる専用キットをプロドライバーの運転で体験できるというもの。動画レポートがあるので、ぜひ下のリンクを見てもらいたい。これは大迫力だった。

また、子どももオトナも楽しめる「スポーツクライミング体験」、プロが教えてくれる「アウトドアクッキングワークショップ」、自分でお箸が作れる「モノづくりワークショップ」、フットボールエンターテイメント集団「球舞」によるサッカーパフォーマンスなど、小雨交じりの天気だったにもかかわらず大盛況だった。

アルピニスト野口 健さんのトークショーも開催

今年4月から三菱自動車のアンバサダーを務めるアルピニスト、野口 健さんのトークショーも行われた。野口さんは今まで輸入ブランドに乗り続けてきたが、今回はじめてプラグインハイブリッドのアウトランダーPHEVに乗ったとのこと。「日本のクルマは軽くて好きじゃなかったんですけどね、アウトランダーPHEVは『重み』があるのに運転が楽しくて良いですよね」と、笑いを交えながら話していた。

展示車両

夜にはライブ&キャンプファイヤー

夕食の後は、キャンプファイヤーで盛り上がった。またゲストミュージシャンの浜崎貴司さん(FLYING KIDS)のアコースティックライブも開催された。

画像: 浜崎貴司さん(FLYING KIDS)のアコースティックライブ。

浜崎貴司さん(FLYING KIDS)のアコースティックライブ。

画像: 夜はキャンプファイヤーでも盛り上がった。

夜はキャンプファイヤーでも盛り上がった。


オトナも子どもも、みんなが楽しんだ2日間。参加した人は、きっとこの夏の思い出になったに違いない。

参加者の声

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.