メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスAMG E63 4MATIC+ステーションワゴン および メルセデスAMG E63 S 4MATIC+ステーションワゴン、メルセデスAMG E63 4MATIC+を発表した。

発表記念の期間限定モデルも発表

メルセデスAMG E63 4MATIC+ステーションワゴン および メルセデスAMG E63S 4MATIC+ステーションワゴンは、モータースポーツを通して培ったAMGのレーシングカーテクノロジーと、最大1820Lの大容量ラゲッジルームなど日常的な利便性を両立した世界最速のステーションワゴンだ。
また、メルセデスAMG Eクラスのセダンには、メルセデスAMG E63 4MATIC+、および期間限定モデルのメルセデスAMG E63S 4MATIC+ Edition1を追加した。

今回のラインアップ拡充に伴い、EクラスのメルセデスAMG ラインアップは、セダンが3車種(E63 4MATIC+、E63S 4MATIC+、E63S 4MATIC+Edition 1)、ワゴンが2車種(E63 4MATIC+、E63S 4MATIC+)となる。

画像: メルセデスAMG E63 4MATIC+(セダン)

メルセデスAMG E63 4MATIC+(セダン)

搭載されるエンジンは、メルセデスAMG GTと基本設計を共通とするAMG 4.0LのV8直噴ツインターボ。パワースペックは、E63が571ps/750Nm、E63Sが612ps/850Nmを発生する。
組み合わされるミッションは、電子制御式9速スポーツトランスミッションの「AMG スピードシフト MCT」。
駆動方式は、メルセデスAMGが開発した新しい4輪駆動システムの「AMG 4MATIC+」。

画像: メルセデスAMG E63 S 4MATIC+ステーションワゴン

メルセデスAMG E63 S 4MATIC+ステーションワゴン

エクステリアは、ボンネットをフェンダーとバンパーの内側にはめ込むクーペ的なデザインを採用。通常よりも27mmワイドなフェンダーもで、フロントのトレッド拡大とホイール大型化に対応している。サイドスカートは地上高をいっそう低く、全体のラインを長く見せる効果をもたらしている。リアエンドには、トランクリッドに設けられたシャープなボディ同色AMGトランクリッドスポイラーリップやディフューザー風のインサートを備えたリアスカート、AMGパフォーマンスエグゾーストシステムに装着されるデュアルツインクロームエグゾーストエンド、リアスカートにシルバークロームのトリムストリップなどが飾られている。

インテリアは、リム下部がフラットな形状のAMGパフォーマンスステアリングホイールにAMGロゴをあしらう。また、タッチコントロールボタンとシフトパドルを搭載しており、スポーティなドライビングを楽しむことができる。運転席と助手席のシートは、ラテラルサポートが強化されたため、高速走行時にも乗員の身体をしっかりと保持する。
Sモデルには、ナッパレザーを張ったダッシュボードとベルトライン、フロントヘッドレストのAMGエンブレム、クリスタルグレーのシートパイピング、クリスタルグレーのシートベルトを設定し、スポーティな中に高級感を演出している。

画像: メルセデスAMG E63S 4MATIC+ Edition1

メルセデスAMG E63S 4MATIC+ Edition1

E63S 4MATIC+ Edition1は、E63S 4MATIC+をベースにした期間限定モデル。
エクステリアは、専用のdesignoナイトブラックマグノを設定したボディに、ハイグロスブラックの専用エクステリアパーツ「AMGナイトパッケージ」を組み合わせて、ブラックで統一し、より精悍でスポーティな印象を高めている。インテリアは、エクステリアと同様にブラックを基調とした室内にイエローアクセントを随所に配し、特別感あふれる室内空間に仕上げている。

画像: メルセデスAMG E63S 4MATIC+ Edition1のインテリア。

メルセデスAMG E63S 4MATIC+ Edition1のインテリア。

価格は、メルセデスAMG E63 4MATIC+ の1650万円〜メルセデスAMG E63S 4MATIC+ Edition1の1910万円。
ハンドル位置は、セダンは右/左とも選べるが、ワゴンは左のみの設定となっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.