ついこの間、存在そのものがお披露目になったばかりのポルシェ新型カイエンに早速、進化の時が訪れた。パフォーマンス的なトップグレード、ターポが追加発表されたのだ。
画像: ポルシェカイエン 最強のターボ フランクフルト国際モーターショー m.youtube.com

ポルシェカイエン 最強のターボ フランクフルト国際モーターショー

m.youtube.com

まずはなによりスペックだ!

新型カイエン ターボは、542 bhpのパワーと最大トルクが770 Nmに達する、4LのV8 Bi-Turboエンジンを搭載。組み合わされるのは8速Tiptronic Sトランスミッションとなる。

新型は先代と比較してみると約29 bhpと20 Nmのトルクを発揮、0→100 km/hに到達するのにわずか3.9秒しかかからず、オプションのSport Chronoパックでさらに3.7秒に短縮可能だ。

このスペックは、以前のCayenne Turbo Sよりも約0.1秒速い。最高速度は286km/hと公表されている。ちなみにエンジンは、「オフロード」モードを含む5つのモードが用意される。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.