マツダは新型SUV「CX-8」を発表、12月14日から発売する。このモデルは、マツダの SUVラインアップの頂点に立つモデルだ。

CX-8 の最大の特徴は、大人6〜7人がしっかりと座れる車内空間だ。「エマージェンシーだから…」と割り切られがちな 3列目でも身長 170cmの大人でもきちんと座れる空間を確保。2列目シートは、ベースグレードの「XD」と中間グレードの「XD PROACTIVE」には3人掛けとキャプテンシートを、最上級グレードの「XD L Package」には大型sンターコンソールを備えた左右独立シートを用意。運転席は近年のマツダ車と同じくオルガン式アクセルペダルを採用するなど、ドライバーを中心とした設計となっている。

画像: メーターパネルや 7インチのナビ画面、インパネのデザインは CX-5と共通だが、センターコンソールのデザインは異なる。

メーターパネルや 7インチのナビ画面、インパネのデザインは CX-5と共通だが、センターコンソールのデザインは異なる。

パワートレーンは、CX-5などにも採用されている 2.2Lディーゼルターボエンジン+ 6速ATを採用。ただし、最高出力は 190ps(CX-5比で+15ps)、最大トルクは 45.9kgm(CX-5比で+3.1kgm)と、それぞれ高められており、CX-5と遜色ない動力性能を実現している。またエンジンには、超高応答マルチホールピエゾインジェクター、段付エッグシェイプピストン、冷却水制御バルブなど、新しい技術を積極的に用いてバージョンアップが図られている。

画像: エンジンは2.2Lディーゼルエンジンのみ。排気量は従来と同じだが、大幅なアップデートが加えられている。

エンジンは2.2Lディーゼルエンジンのみ。排気量は従来と同じだが、大幅なアップデートが加えられている。

安全装備面では、車体の周囲の状況を上から見下ろすように映し出す 360°モニターや、交通標識認識システム、全車速追従機能付きのマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)など、最新のものが用意されている。

画像: 360°モニターの画面。大柄なクルマだけに、この装備は心強い。

360°モニターの画面。大柄なクルマだけに、この装備は心強い。

さらに、国産 SUVにはほとんど設定がないトレーラーヒッチをオプションで用意するとともに、トレーラーの横揺れを検知するとブレーキとエンジンをコントロールして安定した走行をアシストする「トレーラー・スタビリティ・アシスト」を全車に標準装備。本格的なアウトドアユースにも最適なクルマに仕上がっている。

画像: ボート用のトレーラーを接続した状態。牽引能力は750kg以下。

ボート用のトレーラーを接続した状態。牽引能力は750kg以下。

CX-8 XD L Package 主要諸元

●全長×全幅×全高:4900×1840×1730mm
●ホイールベース:2930mm
●重量:2WD車=1830kg/4WD車=1900kg
●パワーユニット:直4 DOHCディーゼルターボ・2188cc
●最高出力:140kW (190ps) /4500rpm
●最大トルク:450Nm (45.9kgm) /2000rpm
●トランスミッション:6速AT
●タイヤ:225/55R19
●希望小売価格:2WD車=395万8200円/4WD車=419万400円(消費税込み)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.