エルシーアイ株式会社は、「LESS MASS MORE LOTUS〜より軽く、よりロータスらしく〜」のテーマに基づき、エリーゼ、エキシージ、エボーラの全モデルのラインアップを見直し、全国18の正規販売代理店にて販売をしている。今回、ロータスとして「究極のライトウエイト•スポーツ」の伝統に立ち返り、すべてのラインアップを「ライトウェイト」「スポーツ」「ロータスらしさ」を軸に見直した。
画像: 徹底的な軽量化が図られたエリーゼ

徹底的な軽量化が図られたエリーゼ

エリーゼは徹底した軽量化。500万円を切る価格も売りに。

今回、日本専用モデルとなるエリーゼは、エアコンやオーディオ、フロアマットを外すなどして、徹底的な軽量化を実施。約15kgを削りとった。ロータスの創始者であるコーリン•チャップマンの基本理念、「軽量であること」を貫き、最新のエリーゼと融合。最もエリーゼらしいエリーゼとなった、としている。その他、アルミ接着式バスタブ•シャシ、ミッドシップエンジン、後輪駆動などから得られるハンドリングの良さはさらに研ぎ澄まされている。

エリーゼ主要諸元

全長:3800mm
車両重量:841kg
搭載エンジン:1.6L直4Dual VVT-i
最高出力:100kW[136PS]/6800rpm
最大トルク:160Nm/4400rpm
駆動方式:MR
トランスミッション:6速MT
車両価格:496万8000円

スプリント エディションは、伝統のエンブレムを復活

画像: エリーゼ スプリント220はその名が表すとおり、スーパーチャージャーで220psを発生

エリーゼ スプリント220はその名が表すとおり、スーパーチャージャーで220psを発生

エリーゼの最新ラインナップのトップを飾るのは、新型のスプリント•エディションとなる。ロータスのDNAを忠実に受け継がせるため、エリーゼ スプリントでは、エランなどの歴代モデルが冠したエンブレムを復活。標準装備されているカーボンファイバー•バケットシート、新型軽量鍛造アロイホイールをはじめ、カーボンファイバーの採用、ポリカーボネイト•リアウインドウを合わせて、フェイズ1のエリーゼ スポーツ/エリーゼ スポーツ220のシリーズ比で26kgの軽量化となった。それにより加速性能は一層高められ、あわせて高いコーナリング性能も実現している。

画像: バケットシートはカーボンファイバー製、リアウインドウはポリカーボネイトを使用している。

バケットシートはカーボンファイバー製、リアウインドウはポリカーボネイトを使用している。

エリーゼ スプリント主要諸元

全長:3800mm
車両重量:830kg
搭載エンジン:1.6L直4Dual VVT-i
最高出力:100kW[136PS]/6800rpm
最大トルク:160Nm/4400rpm
駆動方式:MR
トランスミッション:6速MT
車両価格:626万4000円

エリーゼ スプリント220主要諸元

全長:3800mm
車両重量:878kg
搭載エンジン:1.8L直4Dual VVT-i+スーパーチャージャー
最高出力:162kW[220PS]/6800rpm
最大トルク:250Nm/4400rpm
駆動方式:MR
トランスミッション:6速MT
車両価格:745万2000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.