BMWジャパンが第6世代となるニューBMW M5を発表、10月24日から受注を開始して、2018年4月以降に順次デリバリーを行う。あらゆる面で最新技術が惜しみなく投入されたニューBMW M5の驚くべき内容について紹介しよう。
画像: BMW M5。M xDriveの採用で走るは数段レベルが上がった。

BMW M5。M xDriveの採用で走るは数段レベルが上がった。

運動性能は格段にアップ

BMW M社が開発したニューBMW M5は、1984年に初代が登場して以来これが第6世代となる。このニューモデルの特徴は、まずMモデルのセダンとして初めてM専用4輪駆動システム“M xDrive”を採用したことにある。これによって様々な路面状況で最大限のトラクションを得られるようになった。そして、その走りのレベルは従来モデルより数段上がったと言っていいだろう。

エンジンは新開発のターボチャージャーを採用した4.4L V8DOHC Mツインパワーターボで、最高出力は600ps/5600-6700rpm、最大トルクは750Nm/1800-5600rpmのスペックだ。これは従来モデルよりプラス40ps、プラス70Nmとなるものだ。エンジン特性は基本設定から“Sport”、“Sport Plus”に変更することができる。

画像: 新開発のターボチャージャーを採用して、最高出力は600psにアップした。

新開発のターボチャージャーを採用して、最高出力は600psにアップした。

そしてこのパワーはM xDriveを通して路面に伝えられることになるが、その出力はアクティブMディファレンシャルをベースにMモデル専用に開発された“ドライビング・ダイナミクス・コントロール”によって制御される。さらにDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)が装備されているので、日常的な安定走行からサーキットまで、様々な状況下で楽しい走りを堪能することができる。

また、走行モードは下記の5つから選べる。基本は「DSCオフ・4WDモード」でこれはMモデルらしい俊敏性をいかんなく発揮する。ふたつめは「Mダイナイックモード」でリアアクスルへの駆動力配分が増えてリアタイヤのスリップ許容量が大きくなり、多彩なハンドリングを楽しむことができる。

画像: トランスミッションも新しい8速Mステップトロニックになった。

トランスミッションも新しい8速Mステップトロニックになった。

さらにDSCオフ時には「4WDモード」、「4WD Sportモード」、「2WDモード」が選べる。後輪駆動となる「2WDモード」で制御システムをオフにすれば、ハイパワーFRモモデルの神髄を味わうことができるわけだ。

また、トランスミッションにも触れないわけにはいかない。ドライブロジック付きの新しいMステップトロニックはシフト特性を3段階で調整できる。「モード1」は効率的な走りをサポート。「モード2」はシフト時間を短縮して俊敏は走りを実現。「モード3」はシフト時間を最大限に短縮、さらに複数をギアを飛び超えたシフトダウンも可能になる。

画像: エクステリアデザインはMモデルらしい迫力に満ちている。

エクステリアデザインはMモデルらしい迫力に満ちている。

デザイン面はエクステリアでは迫力あるフロントバンパーと大型エアインテーク、リアディフューザー、リアスポイラーがMモデルらしさを演出している。さらにルーフはM5としては初めて軽量で強度があるカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)が採用された。

また、運転支援システムについても、「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」や「アクティブ・サイド・コリジョン・プロテクション」、「ACC」、「レーンディパーチャーウォーニング」、「衝突回避・被害軽減ブレーキ」など最新装備を持つ。車両価格は1703万円で、右/左ハンドルが用意されている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.