ホンダ・ステップワゴンがマイナーチェンジされ、スパーダにハイブリッドが追加設定された。クラストップの燃費と動力性能は、激戦区のライバルたちに大きなアドバンテージになりそうだ。

ステップワゴンを新たな世界へ導く

販売的にちょっと苦戦気味な感もあったステップワゴンが、起死回生の一打を放った。
まずは不振の一因だったと思われる、ちょっと物足りない印象もあったフロントフェイスの押し出し感がグッと強められた。ご覧のとおりイマドキの売れ筋っぽい雰囲気になった。
さらには、待望のハイブリッドがついにラインアップされた。スパーダのみの設定だが、オデッセイやアコードと共通のアトキンソンサイクルの2Lエンジンと高性能モーターを組み合わせた「i-MMD」を搭載する。

その走りはステップワゴンを新たな世界へと導いた。アクセルを強く踏まない限り発進時はモーターのみでスムーズに動き出し、けっこうな車速までバッテリーがある限りEV走行のまま粘る。いかにも燃費が良さそうだ。また、エンジンがかかっても気をつけていないと気づかないほど音や振動も抑えられている。静粛性もかなりのものだ。
そしてひとたびアクセルを踏み込むと、その加速力たるやガソリン版とは段違い。このクラスの他社のミニバンでは味わったことのない力強い走りだ。
サスペンションは専用にチューニングされ、ボディ剛性も高められているほか、最上級グレードの「G・EX」にはパフォーマンスダンパーも付く。走った印象もガソリンとは異質で、とても上質に仕上がっている。

ガソリン仕様も良くまとまっているが、乗り比べるとハイブリッドのほうがステアリングの切り始めからリニアに舵が効き、応答遅れ感も小さく、走りに一体感がある。乗り心地もしなやかで、ガソリンで感じる微振動もなく、しっとりとしている。
静かで速くて上質で、しかも燃費はクラストップ。ハイブリッドの走りは競合車を大きくリードする仕上がりである。
ハイブリッドとガソリンでは車内のつくりも微妙に異なる。バッテリーの搭載により運転席&助手席下の一帯が盛り上がっているのだが、そこに配された大型のコンソールトレイの使い勝手がなかなか良い。これはナイスなアイデア。膨らんだ斜面はちょうど2列目の乗員の足置き場にもなる。室内高が表記上はガソリンよりも20mm小さくなっているのだが、言われなければわからないレベルだ。

また今回、全車にホンダセンシングが標準装備され、ハイブリッドには渋滞追従機能付きACC(アクティブ・クルーズコントロール)が搭載されたのも朗報だ。実際に試すと加減速制御がとてもていねいなのが印象的だった。
再発進の際に他社のモデルではモタつきが気になりがちなところ、前走車においてきぼりにされることもなく、しっかりついていき、慌てて急減速することもない。
自動運転を標榜する競合車より、よっぽどストレスや不安を感じることなく使えそうだ。ステアリングの制御も、さすがに舵角の大きいコーナーは無理でも、ある程度まではスムーズに車線維持をアシストしてくれる。
後発モデルらしく、既存の競合車をしのぐ実力と付加価値を身に着けて登場した新型ステップワゴン。これにてミニバン界の勢力図が、またしても書き換えられそうな予感が…!?
(文:岡本幸一郎/写真:安西英樹)

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG-EX ホンダセンシング 主要諸元

全長×全幅×全高:4760×1695×1840mm
ホイールベース:2890mm
重量:1820kg
パワーユニット:直4DOHC+モーター・1993cc 
エンジン最高出力:107kW<145ps>/6200rpm
エンジン最大トルク:175Nm<17.8kgm>/4000rpm
モーター最高出力:135kW<184ps>5000-6000rpm
モーター最大トルク:315Nm<32.1kgm>/0-2000rpm
タイヤ:205/60R16
価格:355万9680円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.