世界中で愛されるライトウエイトスポーツカー、マツダのロードスターが4代目(ND型)として初の商品改良を実施。特別仕様車の「RED TOP」も加えて、11月10日より予約を開始し、12月14日から発売されることが発表された。
画像: 特別仕様車の「RED TOP」。ダークチェリー色のソフトトップとオーバーン(赤褐色)のインテリアが、アダルトテイストなロードスターを演出する。

特別仕様車の「RED TOP」。ダークチェリー色のソフトトップとオーバーン(赤褐色)のインテリアが、アダルトテイストなロードスターを演出する。

現行型ロードスターの登場は2015年5月発売(RFは2016年12月発売)。今回初となる改良型は、新色のボディカラー3色を追加するとともに、リアサスペンションのチューニングと電動パワーステアリングの制御を変更し、さらにしなやかで上質な走りへと進化させた。

インテリアでは、リアコンソールボックスの内部床面に遮音マットを追加して小物類の転がり音を低減。またファブリックシート車にもシートヒーターをオプション設定(Sスペシャルパッケージ)、サンバイザーに表皮巻タイプを設定している(Sレザーパッケージ、RS、RED TOP、RF全車)。

さらにアダプティブLEDヘッドライト[ALH]を新採用(Sレザーパッケージ、RS、RED TOPに標準装備、Sスペシャルパッケージにメーカーセットオプション:RFのVS、RSに標準装備、Sにメーカーセットオプション)。予防安全性能がさらに高められている。

画像: 高輝度塗装の16インチアルミホイールも標準装備。マシーングレープレミアムメタリックのボディカラーとダークチェリーのソフトトップのコントラストが際立つ(「RED TOP」)。

高輝度塗装の16インチアルミホイールも標準装備。マシーングレープレミアムメタリックのボディカラーとダークチェリーのソフトトップのコントラストが際立つ(「RED TOP」)。

また同時発売される特別仕様車の「RED TOP」は、ダークチェーリー色のソフトトップとオーバーン(赤褐色)のインテリアを組み合わせた、アダルトテイストのロードスター。シートにも質感の高いナッパレザーを採用している。注文受付は2018年3月31日までなのでご注意!

■新型ロードスター価格帯
ソフトトップ車:249万4800円〜320万7600円(「RED TOP」は6速MT車が304万5600円/6速AT車は315万3600円)
リトラクタブルハードトップ車(RF):325万800円〜374万7600円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.