フォルクスワーゲンは、The Beetleの2019年販売終了を前にキャンペーンを開始。その第1弾として特別仕様車、The Beetle SOUNDを300台限定で2018年1月30日に発売した。
画像: “See You The Beetle” キャンペーンロゴ 。

“See You The Beetle” キャンペーンロゴ 。

プレミアムサウンドシステムを組み込んだ特別仕様車を300台

フォルクスワーゲンの原点であり、同ブランドを象徴するモデルといえば誰もがビートル(タイプ1)を思い浮かべることだろう。1930年代から60年以上にわたって世界中で愛された伝説的なモデルだ。

その初代へのオマージュをより強くした最新モデル、The Beetleが登場したのは2012年のこと。その後もカブリオレやハイパフォーマンスモデルの「The Beetle Turbo」、クロスオーバーモデル「The Beetle Dune(デューン)」などのバリエーションを増やし、日本で約3万5000台が販売された。そして2019年、The Beetleの販売が終わる。

長年愛されてきたことへの感謝を込めて、2018年1月30日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは“See You Beetle”キャンペーンを開始した。いくつか段階が用意され、その第1弾として、快適装備や音響システムを組み込んだ「The Beetle SOUND(ザ ビートル サウンド)」を発売。限定販売台数は300台で、価格は294万円となる。

画像: プレミアムサウンドシステムを組み込んだ特別仕様車を300台

この限定車は、1.2L 直4ターボエンジン(105ps・175Nm)と7速DCTを組み合わせたThe Beetle Designをベースに、プレミアムサウンドシステム“Fender Sound”と400Wパワーアンプ、8スピーカー、サブウーファーを組み合わせて高音質を実現。その他にもリアビューカメラや専用17インチアルミホイールやバイキセノンヘッドライトなどを標準装備して実用性を向上させている。

さらに、ボディ同色だったインテリアのドアトリム・ダッシュパッドなどをブラックに統一。ブラックのシートやセンターコンソールに赤のステッチを入れてアクセントとし、イコライザーをイメージした内装としている。

ボディカラーは2色(各150台)。特別色のホワイトシルバーメタリックとトルネードレッドとなる。

キャンペーンはこれだけで終わらず、魅力的な商品の発売やイベントの開催などを予定しているという。寂しい気持ちはあるが、楽しみでもある。

The Beetle SOUND特別装備

・リヤビューカメラ“Rear Assist”
・バイキセノンヘッドライト(ハイトコントロール機能付)
・2ゾーンフルオートエアコンディショナー(運転席/助手席独立調整、自動内気循環機能付)
・アレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルター(花粉/ダスト除去外気導入フィルター)
・プレミアムサウンドシステム“Fender Sound”(総出力400W、10チャンネル・9スピーカー)
・パドルシフト/インテリアアンビエントライト(カラー調整機能付)
・SOUND 専用ファブリックシート/SOUND 専用ドアシルプレート
・SOUND 専用インテリア(ダッシュパッド ブラック、ステアリングホイール ブラック、ドアトリムブラック)
・レザーマルチファンクションステアリングホイール

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.