2018年2月1日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、ゴルフ、ゴルフヴァリアント、ディグアンの3モデルにデンマークのハイエンドオーディオメーカー“Dynaudio社”と共同開発した限定車、「DYNAUDIO Edition(ディナウディオ エディション)」を発売すると発表した。
画像: ベース車はゴルフ、ゴルフヴァリアントともに1.4TSI ハイライン。

ベース車はゴルフ、ゴルフヴァリアントともに1.4TSI ハイライン。

インテリアもプレミアムサウンドに相応しい仕立て

「DYNAUDIO Edition」が搭載するプレミアムサウンドシステムは、フォルクスワーゲン車の堅牢なボディ構造と遮音性の高さが相まって、臨場感あふれる高品質なサウンドを楽しめるという。

画像: ゴルフとゴルフヴァリアントは9スピーカー。

ゴルフとゴルフヴァリアントは9スピーカー。

ゴルフとゴルフヴァリアントのシステムは、8つのラウドスピーカーに加えてスペアホイールリセスに設置された10.5Lデュアルコイルサブウーファーの計9つのスピーカーで構成される。総出力400Wの10チャンネルデジタルアンプにより、ダイナミックでクリアなサウンンドを楽しめる。

ティグアンは8つのラウドスピーカー、サブウーファーに加えてセンタースピーカーも備える10スピーカーとなり、ドルビープロロジックⅡに対応している。総出力400W、16チャンネルだ。

画像: ティグアンはこのインジウムグレーメタリックとオリックスホワイトの2色を150台ずつ用意。

ティグアンはこのインジウムグレーメタリックとオリックスホワイトの2色を150台ずつ用意。

さらにプレミアムサウンドシステムに相応しい内外装に仕立てられている。ベース車は3モデルともに“1.4TSI ハイライン”で、車両価格はゴルフが362万9000円、ゴルフヴァリアントが376万9000円でどちらもベース車の31万円高、ディグアンは471万9000円でベース車の32万円高だ。限定台数は3モデルともに300台となる。なお、詳細は下記のサイトで。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.