ホンダはコンパクトSUV「VEZEL(ヴェゼル)」に安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプで標準装備するとともに、デザインや加速フィール向上を図り、2月16日に発売する。

マイチェンでドコが変わった?

まずはエクステリアデザイン。フロントのバンパーやグリルのデザインを変更し、インラインタイプのLEDヘッドライトを採用。さらにボディカラーには新開発色である「オーロラアメジスト・メタリック」と「シルバーミストグリーン・メタリック」を含む3色を新たに追加するなど、全8色のラインアップを設定した。

画像: ヴェゼルHYBRID Z・Honda SENSING(FF) 。プレミアムクリスタルレッド・メタリック。

ヴェゼルHYBRID Z・Honda SENSING(FF) 。プレミアムクリスタルレッド・メタリック。

画像: マイチェンでドコが変わった?

またインテリアではフロントシート形状を刷新、ホールド性と質感をさらに向上。またスマホをUSB接続し、操作をナビ画面や音声で行える「Apple CarPlay」「Android Auto」新たに対応した。

画像: インテリア。シートには新たにステッチが入る。

インテリア。シートには新たにステッチが入る。

画像: インパネ。

インパネ。

注目は、安全運転支援システムの標準装備だ。Honda SENSINGの8機能を全タイプに標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラによる車両前方の状況認識と、ブレーキ、ステアリングの制御技術が協調し、安心・快適な運転や事故回避を支援する。

自動ブレーキ、誤発進抑制機能などの衝突回避支援機能に加え、車線の中央に沿った走行をアシストするステアリング制御「LKAS<車線維持支援システム>」や、アクセルペダルから足を離しても前走車との車間距離を適切に保つ「ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>」なども充実した。


さらに、ボディーに制振材を追加したことで、走行時の静粛性を向上。またカムチェーンの摩擦低減などにより、ガソリンモデルの燃費が21.2km/L(JC08モード)に向上…と、細かい部分も進化している。

車両価格

画像1: 車両価格
画像2: 車両価格
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.