首都高速道路株式会社は、「横浜北線(横羽線〜第三京浜)」の工事が進み、2017年3月18日(土)16時に開通すると発表した。
今回開通するのは、横羽線および大黒線の生麦ジャンクションから、新設される横浜港北ジャンクションまでの約8.2kmで、第三京浜道路に接続する。

画像: 将来的には、建設中の横浜環状北西線と繋がり、東名高速・横浜青葉インターチェンジに接続する予定だ。

将来的には、建設中の横浜環状北西線と繋がり、東名高速・横浜青葉インターチェンジに接続する予定だ。

今回開通する約8.2kmのうち、およそ7割におよぶ約5.9kmが横浜北トンネルで、これは横浜市内最長の道路トンネルとなる。
出入り口は、岸谷生麦(きしやなまむぎ)と新横浜の2カ所。途中に設置される馬場出入り口は今回は開通せず、2019年度の開通を目指し引き続き工事を進めている。

画像: 横浜北線のさまざまな施設。経済効果も高そうだ。

横浜北線のさまざまな施設。経済効果も高そうだ。

今回の開通により、新横浜から横浜港や羽田空港までのアクセスが向上し、例えば新横浜から羽田空港までの所要時間が現在の約40分から約30分へ10分短縮する。空港連絡バスの所要時間も短縮され、利便性は向上するだろう。
さらに、横浜市内の高速道路ネットワークが強化され、物流の効率化や災害時の信頼性向上、観光振興などのストック効果が期待される。
開通前には、さまざまなイベントも実施される予定。詳細については、あらためてお知らせしたい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.