画像: エンジンを発電に特化して、モーターで駆動する「e-POWER」を採用したノート。

エンジンを発電に特化して、モーターで駆動する「e-POWER」を採用したノート。

日産の快進撃が止まらない。昨年11月に国内販売1位(軽自動車を含む全銘柄)を達成したノート。こんどは1月の販売ランキング(同)で再び 1位(14,113台)となったことがわかった。しかも今回は2位にセレナ(11,179台)がつけるという快挙。実は、登録車ランキングで日産車が1−2を獲得したのは、1984年9月のサニー/ブルーバード以来、実に32年ぶりだ。

好調の理由は、ノートが「e-POWER」、セレナが「プロパイロット」。どちらもユーザーから高く評価されている。日産の国内販売担当専務執行役員の星野朝子さんは、「自動車メーカー各社が新機能搭載の新型車を続々と発売する中での『ノート』の1位、『セレナ』の2位獲得は、技術の日産が推し進めるインテリジェントモビリティ、すなわち電動化と知能化の取り組みを多くのお客さまに認めて頂いた結果だと、大変嬉しく、興奮しています。当社の電動化、知能化技術が受け入れられたことは、日本の新しいモビリティー社会が始まったことの証です。私たち日産は、今後も時代のトレンドをいち早く捉え、多くのお客さまに素晴らしい商品を提供していきたいと思います」と、語っている。

画像: 2位にはセレナがランクイン。自動運転技術「プロパイロット」が好評だ。

2位にはセレナがランクイン。自動運転技術「プロパイロット」が好評だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.