究極の三次元モータースポーツ、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2017 シーズン第3戦は6月3日(土)・4日(日)に千葉県立幕張海浜公園で開催されるのは以前にも紹介したが、そのCMソングにGLAY書き下ろしの新曲「XYZ」が使用される。

TVCMは3月6日(月)から放送開始されるが、大会アンバサダーのGLAYがレッドブル・エアレース用に新たに書き下ろした大会テーマソング「XYZ(エックスワイジー)」を使用している。

GLAY TERUのコメント

「2016年のレッドブル・エアレースを観覧すべく幕張へ行ったのですが、あいにくの天候で予選中止…。でも、その場にいれたことでレッドブル・エアレースの盛り上がりと楽しさを体感することができました。バックステージは、始まりに胸が踊り大会を今か今かと待ち望む一人一人の鼓動が聞こえてきそうなほどの緊張感。実際にレースを見ることはできませんでしたが、過去の大会の映像を見て感じた爽快感とヒリヒリするあのスピード感をGLAYの楽曲で表現したいと思い、アルバム製作中ではあったのですが一時中断し、新たにレッドブル・エアレース用の楽曲を制作し始めました。そして、この度、数ある候補曲の中からぴったりの楽曲を、レッドブル・エアレースに並々ならぬ思いのある僕が選曲させていただきました。タイトルは『XYZ』。コンマ1秒を争う空のF1 レース。操縦席に乗ってるかのような感覚をこの曲で表現できたと思います」

この新曲はCMの放映開始と同時に配信がスタートする。

CMでは、スピード感ある「XYZ」をバックにレース専用機がエアゲートをすり抜ける迫力の飛行を披露。
知力、体力、精神力の限りを尽くして戦う、パイロットたちの気迫が伝わるレッドブル・エアレースの世界観を表現している。
このCMは、レッドブル・エアレースのチケットサイトでも上映している。

2016シーズンの千葉大会では見事に初優勝を飾った、唯一の日本人(アジア人)パイロットの室屋義秀選手。第1戦のアブダビ(UAE)はオーバーG(旋回時に規定の加速度を超えてしまう)ため失格となってしまったが、4月15・16日の第2戦サンディエゴ(アメリカ)、そして第3戦の千葉で雪辱を期してもらいたいものだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.