自動車の歴史を振り返るWebモーターマガジンのオリジナル企画「今日は何の日?」。3月14日はダイハツ・シャレード ソシアルが登場した日。今から28年前、1989年にタイムスリップ。
画像: 【今日は何の日?】ダイハツ・シャレードソシアル登場 28年前の今日 1989年3月14日

シャレードソシアルって?

シャレードはダイハツのコンパクトカー。1987年にフルモデルチェンジした3代目シャレードをベースとしたのがシャレードソシアルで、リッターカークラスとして初の3ボックスセダン型。広く使いやすいトランクスペースを持っていた。発表は1989年3月14日、発売は4月1日だった。

スリーサイズは3995×1615×1385mm、ホイールベースは2340mm。直4・1295ccDOHCエンジンを搭載。82ps/10.6kgmのパワー/トルクだった。

価格は最上級グレードSXリミテッドで105万円(東京・5速MT)、109万5000円(東京・3速AT)。

画像1: シャレードソシアルって?
画像2: シャレードソシアルって?

シャレードソシアルが登場した1989年【平成元年】には何があった?

ニュース
●昭和天皇崩御 昭和から平成に
●美空ひばりさん死去
●消費税施行。3%。
●任天堂ゲームボーイ発売

ヒット曲
●Diamonds プリンセス・プリンセス
●世界で一番暑い夏 プリンセス・プリンセス
●とんぼ 長渕剛
●太陽がいっぱい 光GENJI
●愛が止まらない Wink

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.