自動車の歴史を振り返るWebモーターマガジンのオリジナル企画「今日は何の日?」。3月27日は2代目となるランサーEXが発表された日。今から38年前、1979年にタイムスリップ。
画像: スクエアなエクステリアが印象的な2代目ランサーEX。当時、カタログや雑誌などで切り抜き写真として使うために、このように撮影されていた。

スクエアなエクステリアが印象的な2代目ランサーEX。当時、カタログや雑誌などで切り抜き写真として使うために、このように撮影されていた。

2代目ランサーEXってどんなクルマ?

初代ランサーは1973年2月に発売され、1979年2月には生産累計50万台を突破するなど、ミツビシを支える小型車に成長した。
フルモデルチェンジを行って登場した2代目は、名前を「ランサーEX」に変更。1979年3月27日に発表、4月2日からギャラン系販売会社にて発売された。

ボディサイズは先代より拡大、スリーサイズは4320×1620×1425mmとなった。
発売当時搭載されたエンジン。1400cc/80psの「オリオンエンジン」、および1600cc/86psの「サターン80エンジン」の2種類。1600ccエンジン搭載車は15.0km/L(10モード)の燃費だった。

画像: ランサーEXのインパネ。スピードメーターの左側はアナログ時計。

ランサーEXのインパネ。スピードメーターの左側はアナログ時計。

画像: ランサーEXの室内。先代ランサーよりも室内が広くなった。

ランサーEXの室内。先代ランサーよりも室内が広くなった。

車両価格

ランサーEX 1400 85万8000〜99万5000円(東京・以下同)
ランサーEX 1600 98万5000〜110万6000円

追加されたターボモデル

1981年11月にはG62型ターボエンジンを搭載した1800ターボが追加。このクルマが「ランタボ」の起源となる。

画像: 1981年11月に追加されたランサーEX1800ターボ。このモデルはインタークーラーは付いていない。

1981年11月に追加されたランサーEX1800ターボ。このモデルはインタークーラーは付いていない。

1983年11月にマイナーチェンジを行った際には1800GSRターボと1800GTターボに搭載されるエンジンはインタークーラー付きに変更された。

画像: ランサーEX1800ICターボのエクステリア。

ランサーEX1800ICターボのエクステリア。

画像: ターボモデルのインパネ。

ターボモデルのインパネ。

画像: ターボモデルのインテリア。

ターボモデルのインテリア。

1979年【昭和54年】には何があった?

ニュース
●ウオークマン発売
●ドラえもん放送開始
●インベーダーゲーム流行

ヒット曲
●夢追い酒 渥美二郎
●魅せられて ジュディ・オング
●おもいで酒 小林幸子
●関白宣言 さだまさし
●北国の春 千昌夫

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.