クルマが一挙に大衆化した70年代〜80年代。高性能車が続々と誕生し、クーペが若者の憧れだった時代を振り返る期間限定の連載企画。今回はその中でも生産台数419台といわれるフェアレディZ432、中でもとびっきりレアな432Rをご紹介しましょう。
画像: S30系フェアレディZにGT-Rと同じ4バルブDOHCのS20型エンジンを搭載したのがZ432。写真はそのレース参戦用ベースマシンとしてごく少数(30台とも50台とも)が生産されたZ432Rだ。

S30系フェアレディZにGT-Rと同じ4バルブDOHCのS20型エンジンを搭載したのがZ432。写真はそのレース参戦用ベースマシンとしてごく少数(30台とも50台とも)が生産されたZ432Rだ。

画像: ボンネットはFRP製、ボディ外板には標準車よりも0.2㎜薄い鉄板が用いられ、サイド&リアウインドーはアクリルを採用してベースモデルの432より100kg以上の軽量化が図られた。燃料タンクは耐久レースに備えて40リッター増量された100リッターの専用品に。

ボンネットはFRP製、ボディ外板には標準車よりも0.2㎜薄い鉄板が用いられ、サイド&リアウインドーはアクリルを採用してベースモデルの432より100kg以上の軽量化が図られた。燃料タンクは耐久レースに備えて40リッター増量された100リッターの専用品に。

画像: エンジンはS20型でZ432と同じだが、レース用でチューニングが施されることが前提だったためエアクリーナーは取り外されてキャブのファンネルがむき出しだった。スペックそのものは160ps/18.0kgmでZ432と変わらない。

エンジンはS20型でZ432と同じだが、レース用でチューニングが施されることが前提だったためエアクリーナーは取り外されてキャブのファンネルがむき出しだった。スペックそのものは160ps/18.0kgmでZ432と変わらない。

画像: ラジオやヒーターは取り外され、内装も簡素化されている。ロールバーを付ければそのままレースに出場可能!

ラジオやヒーターは取り外され、内装も簡素化されている。ロールバーを付ければそのままレースに出場可能!

画像: リクライニング機構の付かないフルバケットシートを標準装備。

リクライニング機構の付かないフルバケットシートを標準装備。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.