6月3日(土)・4日(日)、千葉県立幕張海浜公園にて開催する、究極の三次元モータースポーツ「レッドブル・エアレース 千葉 2017」。そのサイドアクトとして伝説の航空機「DC-3」が登場する。

低空飛行周回する姿を見られるのは、幕張だけ!

双発プロペラ機「DC-3」はダグラス・エアクラフト社(現ボーイング社)が開発した旅客機・輸送機で、1935年に初飛行。その丈夫さ、低燃費、長距離輸送力により、航空産業を支えた往年の名機と言われている。
しかし、今や飛行できる機体は世界で約150機。
現在、世界1周飛行中の「DC-3」は、1940年に処女飛行を行い、その後、アメリカン航空に納入。北米の民間機として世界各地で飛行を続けていた。

画像: 全長約20m、全幅約29m。乗客数は座席レイアウトによるが、21〜32人だった。

全長約20m、全幅約29m。乗客数は座席レイアウトによるが、21〜32人だった。

2008年、その「DC-3」はスイスの時計メーカー、ブライトリングによって完璧に修復され、「BREITLING DC-3」ワールドツアーとして、2017年3月にスイス・ジュネーブを出発。中東、インドを経て、東南アジアと世界各地をまわりながら、まもなく日本へやって来る。
国内数カ所で大空高くを周回飛行する予定だが、今回「レッドブル・エアレース 千葉 2017」では、スペシャル・サイドアクトとして、いつもよりも高度を下げて、千葉の幕張海上を低空周回(ローパス)する姿を日本初披露する予定だ。

画像: 日本では、熊本、岩国、神戸、福島、帯広などの上空を周回予定だ。

日本では、熊本、岩国、神戸、福島、帯広などの上空を周回予定だ。

「レッドブル・エアレース 千葉 2017」のチケットは、ただいま発売中。
以前にも紹介したように、大会アンバサダーであるGLAYのライブも予定されているし、日本人パイロットの室屋義秀選手の連覇にも期待がかかるし、6月3日・4日が、ますます楽しみになってきた!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.