日産は、この夏にマイナーチェンジを予定している「NV350」のエクステリアを先行公開した。

フロントまわりを中心にイメージチェンジ

NV350キャラバンは、日産のワンボックス商用車。1973年に発売された初代キャラバンの5代目として、2012年にフルモデルチェンジ、車名にNV350が加わった。

今回、公開された画像は、いわゆる「前後7:3」のカットのみ。内装は未公開だ。
従来型と見比べてみると、もっとも変わっているのがフロントバンパーの形状で、そのほかヘッドライト(形状は同じだが内部を変更)、フロントグリルなど、変更点は少ないが実質的な改良がなされているようだ。
もちろん、一部の車種に標準装備された「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」など、安全&快適装備は充実されることだろう。

また同時に、オーテックジャパンが手がけるカスタムカー、NV350キャラバン「ライダー」もエクステリアが先行公開された。こちらも内装は未公開。
ライダーらしくメッキパーツを多用したグリルやミラー、ノーマルのNV350キャラバンよりも迫力を増したフロントバンパースポイラーなど、この夏の登場が楽しみだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.