ルノー・ジャポンはカングーの特別限定車「オーセンティック 6MT」を発売した。

カングーのMT比率は、なんと23%!

ルノー・カングーは、輸入車としては(国産車も含めて、かもしれないが)MTの比率が高い。現行型が2011年に導入されてから7年目になるが、MTの比率は約23%。2015年は、追加された1.2Lターボ車がMTだけの設定だったこともあり、なんと46.4%がMTだったという。

画像: カングー オーセンティック 6MT。ボディカラーはグリ メタン。

カングー オーセンティック 6MT。ボディカラーはグリ メタン。

画像: カングー オーセンティック 6MT。ボディカラーはブラン ミネラル。

カングー オーセンティック 6MT。ボディカラーはブラン ミネラル。

さて、そんなカングーの特別限定車「カングー オーセンティック 6MT」が60台限定で発売された。
ベース車は名前のとおりアクティフの6MTで、搭載されるエンジンは直4の1.2Lターボ。
クラシック アロイホイールとマルチルーフレールという、ふたつの人気オプション(17万円相当)を標準装備しながら、価格はベース車と同じ235万円(税込)に据え置かれているという、お買い得なモデルだ。

画像: カングーのオプションパーツとしても人気が高い、クラシック アロイホイール。

カングーのオプションパーツとしても人気が高い、クラシック アロイホイール。

画像: マルチルーフレールも人気の高いオプションパーツだ。

マルチルーフレールも人気の高いオプションパーツだ。

ボディカラーは、グリ メタン(濃いグレー)とブラン ミネラル(くすんだ白)の2色。
カングーでターボエンジンの走りを存分に楽しむなら、やはりMTモデルがいい。MTのカングーを検討中なら、この特別限定車は狙い目だろう。

画像: カングー プロヴァンスのチョロQ。

カングー プロヴァンスのチョロQ。

今回の特別限定車とは直接関係はないが、カングー・ファンにお知らせ。
5月に開催されたカングー・ジャンボリーで発表された特別限定車「カングー プロヴァンス」のチョロQが、ルノーのウェブショップで限定発売されている。
価格は税込2376円。気になる人は、以下のサイトへ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.