横浜ゴムは好評の乗用車用スタッドレスタイヤ「iceGUARD(アイスガード)」に新商品の「iceGUARD 6(アイスガード シックス)」を追加、9月1日より順次発売すると発表した。
画像: 定評のある雪上・氷上性能に、ウエット性能をプラスした「iceGUARD 6(アイスガード シックス)」

定評のある雪上・氷上性能に、ウエット性能をプラスした「iceGUARD 6(アイスガード シックス)」

スタッドレスタイヤに求められる性能が変化してきている。いままでの雪上・氷上性能に加え、除雪技術の普及や気温上昇による道路環境の変化からウエット性能へのニーズが高まっているのだ。今回発表された新製品「アイスガード シックス」は、アイスガードの基本コンセプトである「氷に効く」、「永く効く」、「燃費に効く」に加え、第 4のベネフィットとしてウエット性能(「ウエットに効く」)を新たに追加。スタッドレスタイヤの最重要性能である氷上制動を大幅に向上させつつ、ウエット性能を一段と高めているのが特徴だ。

トレッドパターンはイン側で氷上、アウト側で雪上性能に特化したアイスガードの非対称パターンを継承しつつ、氷雪性能はもちろん、ウエット性能も高めた専用パターンを開発した。特にイン側のエッジ効果と接地性を向上させることで氷上でのグリップ力を強化。さらに新開発の「ダブルマイクログルーブ」が装着初期から優れた氷上性能を発揮するほか「クワトロピラミッドディンプルサイプ」が剛性を高め操縦安定性を向上している。

コンパウンドには新開発の「プレミアム吸水ゴム」を採用。ゴムに配合した「新マイクロ吸水バルーン」の分散を均一化し、氷上で滑る原因となる氷表面の水膜の吸水効果を向上した。さらにシリカの配合を増量するとともに、均一分散を促進する「シリカ高反応ホワイトポリマー」を新規採用し、路面への密着性を高めることで氷上性能とウェット性能のレベルアップを実現した。

さらにスタッドレスタイヤ用に開発した「オレンジオイルS」は経時劣化後もタイヤのしなやかさを保ち、氷上性能を長持ちさせる。これらの最新技術により従来品に比べ氷上制動性能を15%、ウェット制動性能を5%向上したほか、性能の持続性、低燃費性能も従来品同等レベル以上を確保している。また、静粛性にも配慮しパターンノイズとロードノイズを大幅に低減している。

9月1日より発売されるのは265/35R19 94Q~135/80R13 70Qの全95サイズで、今後も順次サイズ追加を予定している。価格はオープンプライス。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.