アウディのSUVは「Q」シリーズと呼ばれますが、そのなかで もっともコンパクトなモデルが今回紹介するQ2です。しかも今回は、1Lターボエンジンを搭載したQ2 1.0TFSIスポーツに乗ってみました。Webモーターマガジンには初登場となる先川知香さんのレポートです。
画像: 全高1500mmだから、お家の近所にあるタワーパーキングにも駐められちゃいます!

全高1500mmだから、お家の近所にあるタワーパーキングにも駐められちゃいます!

はじめまして。モータージャーナリストを目指して活動中の、先川知香です。

趣味はバイクでのサーキット走行。
最近はトライアルも練習中で、エンジンの付いた乗り物なら、何でも大好き。

普段は、TOYOTA86のMT仕様に乗ってます。
このたび、Webモーターマガジンで執筆できるということで、今後もわたし目線で車の色々な楽しみ方や魅力を伝えていけたらいいな!と思っています。楽しみにしていてくださいね。

カワイさと実用性を兼ね備える1台。使いやすい!

今回は、アウディQ2 1.0TFSIスポーツのインプレッション。といっても、今までアウディにあまり関わりがなかった私は、車種名を聞いても具体的なクルマが浮かんでくることはなく、経済的に余裕のあるダンディーなおじさまが乗る高級車という勝手なイメージを持ちながら現地に到着。

すると、実際に目の前に現れたクルマは、正面から見るとSUVと呼ぶには小さめのコロンとした可愛い顔に、ポリゴンデザインと呼ばれる多角形/多面性を組み合わせたグリルが目を引く個性的なデザインの1台。

そんな可愛いクルマというイメージでサイドに回り込んで見ると、そのコンパクトで可愛いらしい印象はガラリと変わり、SUVとしての室内空間の広さを予感させる直線的で四角いボディが現れて、可愛いだけじゃなく、実用性も兼ね備えるというギャップに女性にも男性にもウケそうな新しさを感じました。

そしてドアを開けると、一番に目に飛び込んできたのは、マテリアルの触った感触、そして乗車する人の体をホールドするフィット感が計算された快適な座り心地と、カラーと素材で切り替えられたデザイン性の高いこだわりのシートでした。

画像: 知香のお気に入り! それはこのシートです。

知香のお気に入り! それはこのシートです。

そして個人的に重要なポイントである、シートのポジション調整は手動で細かい調整がしやすく、せっかちな私には嬉しい仕様。

視界は良好でSUVとしては低めの車高が、高すぎず低すぎず、運転時の安心感を与えてくれます。
そして、オプションのバーチャルコクピット機能により、インパネ部分にナビゲーション映像が広がることも、無駄な視線の移動を省けるので、便利でしかもカッコイイ。

画像: オプション設定のバーチャルコックピット。未来的だし、これは装着すべきです!

オプション設定のバーチャルコックピット。未来的だし、これは装着すべきです!

それに加えて、まるっこくデザインされた空調の吹き出し口が可愛さをより引き立てていてお気に入り。
後部座席は、安定感のある少し硬めのシートと広めに取られた足元空間が快適だけど、背もたれが固定なのが少し残念なポイントでした。

また、SUVなどラゲッジスペースが少し広めのモデルには重用なふたつ目のポイントである、トノカバーが搭載されていることも、見た目を気にせず荷物を積めるので、嬉しい心遣いとなっています。

画像: ラゲッジスペースはこーんな感じ。出っ張りもなく、かなり使い勝手が良いと思いました。

ラゲッジスペースはこーんな感じ。出っ張りもなく、かなり使い勝手が良いと思いました。

排気量1Lでも、スムーズな加速です。

そんなカワイイ、広い、乗りやすいと、普段使い用のクルマにとって重用な要素はすべてて兼ね備えているQ2ですが、クルマにとって一番大切なのって、やっぱり乗り心地や走行性能ですよね。

SUVというジャンルを名乗るには、パワーが足りなすぎるんじゃないかと思われる1Lという排気量のエンジンを搭載していることが、このクルマに乗るにあたっての小さな不安要素でしたが、その部分に関しても、全く心配なし!

それどころか、「これが1L??」と疑うほど、発進や加速もスムーズで、小さめのボディも相まって、小回りも効くので、ちょっとそこまで買い物に行くだけでも、面倒くささを感じさせない気楽で快適な乗り心地でした。

画像: アクセルペダルを踏んでからの加速感がスムーズです。走りやすかったナ。

アクセルペダルを踏んでからの加速感がスムーズです。走りやすかったナ。

画像: 排気量が1Lなんて、正直言って思えないくらいの力強さがありました。

排気量が1Lなんて、正直言って思えないくらいの力強さがありました。

アウディというのは、高級外車メーカーの中でも、落ち着いたラグジュアリな大人のイメージが強く、憧れはあっても少し敷居が高いと思ってしまう…そんな人にも気負わず乗れるオススメの1台!
アウディQ2 1.0TFSIを、ディーラーで是非乗って試してみてくださいね。

■文:先川知香/写真:小平 寛

アウディQ2 1.0TFSI sport諸元表

●サイズ=4200×1795×1500mm ●ホイールベース=2595mm ●車両重量=1310kg ●エンジン=直3DOHCターボ 999cc ●エンジン最高出力=116ps/5000-5500rpm ●エンジン最大トルク=200Nm/2000-3500rpm ●駆動方式=FF ●364万円

アウディQ2 1.0TFSIスポーツのインプレはこちら↓

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.