自動車の歴史を振り返るWebモーターマガジンのオリジナル企画「今日は何の日?」。3月24日はトヨタの中型乗用車、カムリ/ビスタの発売日。今から35年前、1982年にタイムスリップ。
画像: 初代ビスタ。

初代ビスタ。

初代カムリ/ビスタってどんなクルマ?

カムリは「冠」からくるネーミング。1980年に登場した「セリカ・カムリ」があるため、1982年発売のこのモデルを初代と呼ぶのかどうかは、ファンの間にも色々と意見がある。

直線基調のボディデザインは当時の流行。2600mmのホイールベースで室内スペースはゆとりがあった。

また最上級グレードに、当時としては斬新なデジタル式の「エレクトリック・ディスプレイ・メーター」を採用するなど、ミドルクラスセダンながら先進性をも備えていた。

カムリ/ビスタは姉妹車で、1832ccのレーザー1Sエンジンに5速MTの組み合わせのみ。グレードはカムリ/ビスタとも4グレードあった。

生産は堤工場。カムリはトヨタカローラ店、ビスタはトヨタビスタ店で販売。

初代カムリ/ビスタの主なスペック(カムリ1800ZX)

全長×全幅×全高:4400×1690×1395mm
車両重量:1315kg
ホイールベース:2600mm
エンジン型式:1S
エンジン種類・排気量:直4OHC・1832cc
最高出力:100ps 最大トルク:15.5kgm
燃費:12.5km/L(10モード)

車両価格

カムリ 117万5000〜165万7000円(東京。以下同)
ビスタ 117万5000〜165万7000円

画像: デジタル式の「エレクトリック・ディスプレイ・メーター」を採用。

デジタル式の「エレクトリック・ディスプレイ・メーター」を採用。

画像: こちらはカムリのカタログ表紙。今となっては昔風のデザイン。

こちらはカムリのカタログ表紙。今となっては昔風のデザイン。

画像: FF横置きエンジン採用で、車室空間を広くすることに成功。

FF横置きエンジン採用で、車室空間を広くすることに成功。

画像: 見開き2つ分、4ページを使って室内の広さを表現していた。

見開き2つ分、4ページを使って室内の広さを表現していた。

1982年【昭和57年】には何があった?

ニュース
●500円硬貨発行
●東北/上越新幹線開業
●テレホンカード開始

ヒット曲
●待つわ あみん
●セーラー服と機関銃 薬師丸ひろ子
●聖母たちのララバイ 岩崎宏美
●心の色 中村雅俊
●北酒場 細川たかし

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.