クルマに関するマニアックなクイズを月曜〜金曜の朝7:30に出題するクルママニアッククイズ、通称クルマニQ。初級/中級/上級/マニア級のうち、今回は「初級」の問題をどうぞ。
画像: 【クルマニQ】【初級編】 WRCにトヨタが参戦しているマシンのベース車両はどれ?

今年から、トヨタはFIA世界ラリー選手権(WRC)に18年ぶりに復帰しました。その参戦マシンのベース車両はどれ?

トヨタのWRC参戦マシンのベース車両は?

  • A:ヴィッツ
  • B:アクア
  • C:オーリス
  • D:カローラ
  • A:ヴィッツ
    94
    120
  • B:アクア
    1
    1
  • C:オーリス
    5
    7
  • D:カローラ
    0
    0

正解はAのヴィッツでした。

画像: 欧州名は「ヤリス」で、日本では「ヴィッツ」になります。写真は2017年1月のマイナーチェンジで追加されたヴィッツハイブリッド。

欧州名は「ヤリス」で、日本では「ヴィッツ」になります。写真は2017年1月のマイナーチェンジで追加されたヴィッツハイブリッド。

問題文の前の写真、フロントグリルをよく見ると「YARIS(ヤリス)」と書いてありますが、参戦車両の名前は「トヨタ ヤリスWRC」で、ヤリスは日本でいうと「ヴィッツ」にあたります。ラリーマシンは2017年の新ワールドラリーカー規定に基づいて開発され、ベース車両の面影がヘッドライトやAピラーぐらいしかありません。エンジンは380馬力以上を誇る直列4気筒1.6L直噴ターボエンジンを搭載し、インテリジェントな4WDシステム、そして磨き抜かれた空力性能によって、世界中のあらゆる道を安全に、速く走ることが可能なマシンに仕上げています。

画像: 全幅はエアロパーツ装着により1875mmまで拡幅されている(ベース車両は1695mm)。

全幅はエアロパーツ装着により1875mmまで拡幅されている(ベース車両は1695mm)。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.