2017年の「フォルクスワーゲンデイ」は、もっと広々、もっとのんびりいろいろ体験することができるイベントに「進化」していた。会場は昨年に引き続き東京・お台場 東京臨海副都心のイベントスペースだが、今年は全体的にスペースを拡大。さらにイベント内容も、ファミリーがよりのんびり楽しめる工夫が盛り込まれている。28日の東京はきっと快晴。出かけてみる?

東京お台場、エンターテインメントの中核で開催

画像: 東京お台場、エンターテインメントの中核で開催

フォルクスワーゲンがお台場で開催するカスタマー向けイベントは、今回で3回目とのこと。「フォルクスワーゲンデイ」としては、2016年に続いての2回目となる。会場スペースも昨年同様、「青海NOPR地区」に設けられた。会期は5月27日と28日の二日間だ。

この地区は、その一角に最新トレンドの発信スポット「お台場 ダイバーシティ東京プラザ」を擁し、お台場地区の中心を縦断する遊歩道「ウエストプロムナード」のスタート地点とも言える「副都心広場」に面している。自動車関連に限らず、さまざまなイベントに使われる機会が多い日本でも有数の大型イベントスポットであり、お台場地区のエンターテインメントの中核とも言えるエリアだ。

画像: web.volkswagen.co.jp
web.volkswagen.co.jp

楽しみ方は大きく分けて3タイプ。愛車のありがたみを知る経験も。

実際に1日かけて会場を回ってみて感じたイベントの楽しみ方は、大きく分けて3つある。ひとつは、「新しいフォルクスワーゲンの魅力を知る」ためのアトラクションで、オールラインアップ・テストドライブを始め、安全運転支援システムの体験や、インフォテインメントなどの最新機能を実感するプログラムを選ぶことができる。最新の駐車支援システム体験や、Car-Net & Active info Displayといった、実際に使いこなしてみなければその魅力が理解しにくい、最新システムをチェックすることもできる。

画像: ラインナップ試乗会では、全長2kmを超える広々とした特設テストコースで、かなり元気いっぱいな走行を楽しむことができる。参加者の中には、かなり気合の入ったドライビングを見せる人も。

ラインナップ試乗会では、全長2kmを超える広々とした特設テストコースで、かなり元気いっぱいな走行を楽しむことができる。参加者の中には、かなり気合の入ったドライビングを見せる人も。

画像: 運転支援システムの体験は「オールイン セーフティ試乗」コーナーでおこなれたが、渋滞を想定した低速でのカルガモ走行で、アダプティブクルーズコントロール(ACC)を自分で運転しながら試すことができる。参加したフォルクスワーゲンユーザーの中には、愛車にACCがついているのに使ったことが一度もない、という人が複数いたそう。文字どおり宝の持ち腐れ状態から、脱するよいきっかけになったかもしれない。

運転支援システムの体験は「オールイン セーフティ試乗」コーナーでおこなれたが、渋滞を想定した低速でのカルガモ走行で、アダプティブクルーズコントロール(ACC)を自分で運転しながら試すことができる。参加したフォルクスワーゲンユーザーの中には、愛車にACCがついているのに使ったことが一度もない、という人が複数いたそう。文字どおり宝の持ち腐れ状態から、脱するよいきっかけになったかもしれない。

普通に大切なドライビングポジションから、ハードなアタックまで学ぶ

楽しみ方のふたつ目は、フォルクスワーゲン車との生活をもっと楽しむためのプログラムだ。たとえばフォルクスワーゲンドライビングセミナーでは、ドライビングポジションをしっかりとることの大切さから教えてくれる。およそ普通では考えられないダイナミックなドライビングを同乗試乗で楽しめるパワースライド体験とスライドチェイサーも、今まで知らなかったフォルクスワーゲン車の圧倒的ポテンシャルを初めて体験することができるアトラクションのひとつだ。

画像: 正しくカッコいいハンドルの操り方や、パッセンジャーを酔わせない優しいブレーキングなど、ドライビングを改良することで愛車の魅力をパワーアップすることができそうだ。

正しくカッコいいハンドルの操り方や、パッセンジャーを酔わせない優しいブレーキングなど、ドライビングを改良することで愛車の魅力をパワーアップすることができそうだ。

画像: そのスリルを味わうと、今度は自分で振り回してみたくなる。サーキットなどとことん絶対性能を楽しめるフィールドへの挑戦心に、火がついてしまうかもしれない。

そのスリルを味わうと、今度は自分で振り回してみたくなる。サーキットなどとことん絶対性能を楽しめるフィールドへの挑戦心に、火がついてしまうかもしれない。

そして楽しみ方その3が、家族でフォルクスワーゲンの世界観を楽しむ、ということ。歴代ゴルフの展示やキッズ向けの体験型プログラム、新型ティグアンのVR体験なども面白い。Type2 カリーヴルストをはじめ多彩なグルメにも、しっかりフォルクスワーゲンの自由闊達な楽しさが感じられるだろう。

画像: ゴルフチューンのスペシャリスト「エッティンガー」のデモカーも展示。

ゴルフチューンのスペシャリスト「エッティンガー」のデモカーも展示。

画像: 歴代ゴルフパークも見応えあり。昔懐かし、でも未だにちょっと憧れてしまうクルマたちのオンパレード。

歴代ゴルフパークも見応えあり。昔懐かし、でも未だにちょっと憧れてしまうクルマたちのオンパレード。

画像: これもまたアート。爆発だ。自由だ。

これもまたアート。爆発だ。自由だ。

画像: 残念ながら、50歳を過ぎたオジサンは入場できず。

残念ながら、50歳を過ぎたオジサンは入場できず。

もしも興味があって5月28日(日)にまだ予定が入っていないなら、ラッキーだ。お台場見物やダイバーシティ東京プラザでのショッピングを兼ねて、ぶらぶら参加してみてはいかがだろう。当日受付の試乗型プログラムに関しては、公式サイトで参加方法を確認した上で、アンケートに回答しておいたほうがいいかもしれない。もしも28日に予定が入ってしまっている場合は、来年はお楽しみに。きっと『Volkswagen Day2018』が、さらにパワーアップして開催されるハズだから。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.