2016年1月にEクラスセダンがデビュー。同年夏にステーションワゴン、秋にオールテレイン、2017年1月にクーペと、そして3月のジュネーブオートサロンでカブリオレがワールドプレミアされ、さらにバリエーションが充実した。そんなEクラスカブリオレに試乗することができた。(後編)
前編を見逃した方はこちらから→http://web.motormagazine.co.jp/_ct/17106653
文:アレックス・オースタン(Kimura Office)/写真:Daimler AG

適度に速くて操りやすい直4の2WDが魅力的だ

今回テストドライブしたのは、最高出力333psと最大トルク480Nmを発揮する3L V6ターボを搭載したE400 4マティックカブリオレの25周年記念モデルと、245psと370Nmを絞り出す2L直4ターボを積むE300カブリオレである。フランスのアルプスのワインディングロードを中心に、計300km以上をドライブした。

E400カブリオレはガソリンのトップモデルということもあり、力強い加速を披露した。長い上り坂でもストレスをまったく感じることはない。コンフォートモードを選べば、乗り心地も文句なく快適で、ロングツーリング向きのGTといった印象である。4WDであるためスタビリティが高く、直進性も良い。逆にスポーツプラスを選んだ時は、スポーティな走りが楽しめるが、パワートレーンやシャシの制御が不釣り合いなほどハードに感じられた。

画像: 適度に速くて操りやすい直4の2WDが魅力的だ

一方、2WDのE300カブリオレは、4気筒エンジンを搭載するためフロントが軽く、FRらしい素直でクセのない、ハンドリングが味わえた。絶対的なパワーではV6ターボを積むE400には劣るが、十二分にスポーティなドライビングが楽しめる。スポーツプラスモードにおける走りはとても軽快でダイナミック。ドライビングプレジャーは明らかに上だ。日常的に気持ちの良い走りが楽しめるのは、こちらだ。

9速ATの9Gトロニックは極めてスムーズな変速感で、常に最適なギアを選択。どこからでも気持ちの良い加速が味わえるし、コーナリング時にはトルクベクタリング機能が効果を発揮、胸の空くような俊敏で正確なコーナリングが楽しめる。

また乗り心地も文句なく快適で、コンフォートモードではゆったり上質な時間を堪能できる。ソフトトップを閉じた状態では、クーペに負けない優れた静粛性を実現。想像以上に剛性感があるためか、90‌kg増えた車両重量も気にならない。

大人4人がゆったり座れて荷物も積め、スポーティな走りも兼ね備えたラグジュアリーなオープンカー。趣味のためのクルマとしてはもちろん、ファーストカーのチョイスとしても相当な魅力に溢れている。ニューEクラスカブリオレは、ちょっと心を豊かにしてくれる1台であると言っていい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.