コンチネンタルタイヤジャパンは、相反するウインター性能とウエット性能を高次元で両立した新スタッドレスタイヤ「VikingContact 7」(バイキング・コンタクト 7)を2018年9月より発売する。サイズは14〜20インチの60サイズで、価格はオープン。サイズは順次追加されていくという。

バイキング・コンタクト7ってどんなタイヤ?

VikingContact(バイキング・コンタクト)シリーズは、コンチネンタルのスタッドレスタイヤブランド。「ノルディックスタッドレス」とも称される、積雪が多く凍結路面も多い地域向けのスタッドレスタイヤで、「アルペンスタッドレス」と称される、ヨーロッパで主流の、いわゆるウインタータイヤとは異なり、日本や北欧などに向けた商品となる。

北欧をはじめとする海外の自動車雑誌が2012年から2016年の4年間で実施した評価テストでは、31回中29回のテストで最高を獲得、高く評価されている。

今回発売される次世代モデル「VikingContact 7(バイキング・コンタクト7)」は、シリーズ初となる「左右対称パターン」を採用。ウエット/シャーベット路面での排水性を大幅に高め、冬のさまざまな路面状況下で、さらに安全で快適なドライビングを可能にしたという。

画像: バイキング・コンタクト7ってどんなタイヤ?

テクノロジー1:ノルディック・コンパウンド

新開発のノルディック・コンパウンドに「アクティブ・グリップ・シリカ」を配合。多数のシリカ分子が機能化ポリマーに結合、高密度かつ均一に分布することで、ウエット路面での優れたグリップ性能/ブレーキ性能を発揮する。

またコンパウンドに菜種オイルを配合。低温でも柔軟性を確保しグリップ性能を発揮する。

テクノロジー2:インテリジェント・パターン・デザイン

エフィシェントグルーブネットワーク

対称的なメイングルーブの配置により、タイヤ中央部から、水/シャーベット状の雪を一気に排出、高いアクアプレーニング性能とシャーベットプレーニング性能を発揮する。

画像: エフィシエント・グルーブ・ネットワーク。

エフィシエント・グルーブ・ネットワーク。

S-Iジョイントコンポーネント

パターン中央部とショルダー部に配置されたソリッド・リンケージ(下図黄色部分)は、溝が潰れるのを抑制し、水/シャーベット状の雪の排出効率を維持するとともにパターンを補強、ドライ/ウエット路面でのハンドリングを向上する。また中間部には特殊な形状のインターロック・ブリッジ(下図青色部分)を設けることで、ブロックの安定性を高めながら柔軟性を保つ。

画像: S-Iジョイントコンポーネント。

S-Iジョイントコンポーネント。

テクノロジー3:アドバンスド・グリップ・コンセプト

厚さが異なる「バリアス3Dサイプ」を採用。ワイドなサイプは雪が中に入ることでスノーポケットを形成、雪柱せん断力が増大し雪上でのトラクション/ブレーキング性能を向上させる。またブロック外側の「エフェクティブアイスエッジ」との組み合わせで、ワイピング効果を維持しながら接地面積を増大、アイス路面でのトラクション/ブレーキ性能を向上させた。

画像: バリアス3Dサイプ。

バリアス3Dサイプ。

画像: エフェクティブ・アイスエッジ。

エフェクティブ・アイスエッジ。

バイキング・コンタクト7 発売サイズ

画像: バイキング・コンタクト7 発売サイズ
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.