いつも人をあっと驚かす斬新なアイデアを見せてくれるのが、スイスのリンスピードだ。地元開催となるジュネーブ国際モーターショーには「SNAPコンセプト」を出品した。

運転席はない「自動運転車」

全長4685×全幅1960×全高1842mmの長方形ボディの内部には、4つのシートが内向きに2座ずつ並んでいる。ハンドルやアクセルペダルなどは存在せず、内部にはモニターがあるだけ。つまりこれ、運転の必要のない自動運転車ということだ。

そして、「SNAPコンセプト」のユニークなところは、客室と車台が切り離せること。最高速度80㎞/hを実現させる最高出力51kWのモーターと12kWhの電池も持っているが、どちらかといえばクルマというよりも“移動する部屋”と呼んだ方がいいだろう。

リアルに実用化できるかどうかは相当に怪しいが、実物大のモノが目の前にある迫力は、「もしかすると~」と期待させる説得力となる。斬新なアイデアを実際のモノとして見せてくれるのがリンスピードの魅力だろう。

画像: 切り離された客室部分。移動可能な部屋として機能することができる。

切り離された客室部分。移動可能な部屋として機能することができる。

画像: モーターや電池などを備える車台部分。充電口が用意されるなど作り込みもまずまず。

モーターや電池などを備える車台部分。充電口が用意されるなど作り込みもまずまず。

画像: 上屋の客室と車台を切り離すことができるのが最大の特徴だ。

上屋の客室と車台を切り離すことができるのが最大の特徴だ。

画像: 座席が向かい合っているように、走行は自動で行われるというコンセプトだ。1

座席が向かい合っているように、走行は自動で行われるというコンセプトだ。1

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.