東京を出発し、東名高速道路を下って最初にあるサービスエリアが海老名SAだ。利用者は日本有数を誇る大型のSAに、20年以上にわたって人気を集める名物パンがある。先日はなんと「ギネス世界新記録」を達成したそのパンを、いただきます。

さりげなくメロンの風味とパンのうま味を味わえる

昭和に青春を送った小生にとって、若いころのメロンパンはけっこう微妙な存在でした。表面がデコボコした黄色い甘いパンの、いったいどこがメロンなのだろう? という思いがぬぐえませんでした。また、おいしいという印象もありません。

ところが、2000年代に入ってメロンパン・ブームが到来。その荒波にもまれてメロンパンが驚くべき進化を果たします。本当に美味しくなったのです。

そのブームに大いに貢献したのが、海老名SA(下り)の「ぽるとがる」の「海老名メロンパン」(230円)です。

画像: ギネス販売記録を達成した「ぽるとがる」の「海老名メロンパン」(230円)

ギネス販売記録を達成した「ぽるとがる」の「海老名メロンパン」(230円)

パン屋「ぽるとがる」は、約25年前に高速SA初のパン店としてオープン。ここで販売される「海老名メロンパン」は、20年ほど前からバスガイドさんなどの口コミで大人気となり、2003年には現在のようなメロンパン専門コーナーを通常店舗の横に新設しました。

画像: ここが海老名SA名物、メロンパン専用の販売ブース。壁にはギネス認定証が誇らしげに掲げられている

ここが海老名SA名物、メロンパン専用の販売ブース。壁にはギネス認定証が誇らしげに掲げられている

以来、現在まで人気をキープするどころか、今年の4月下旬には物販個数世界一のギネス記録を達成。なんと48時間で2万7503個を販売しました。平均で1分あたり9.5個という、ものすごい数。ブームを超える定番として、絶大な人気を誇っているのです。

では、その人気の秘密はどこにあるのでしょうか? それは、やはり、その味でしょう。

改めて「海老名メロンパン」をいただいてみれば、やや硬めの表面には砂糖がまぶされているものの、黄緑の中身は柔らかくて甘さが控えめ。パン本来のうま味が楽しめ、ほんのりとメロンの香りが鼻をくすぐります。合成ではなく、本物のメロン果汁を使っているのも嬉しいですね。

ベタベタと甘くないのでグイグイと食が進みます。このさりげなさが、何度も食べたくなる人気の理由ではないでしょうか。また、1個ずつ包装されているのでパサパサに乾かず、お土産に持ち帰っても、おいしさが変わらないのも人気の理由のひとつでしょう。

素のメロンパンではもの足りないという人には、よりパンチの効いた「プレミアムメロンパン」(280円)や季節限定品などのバリエーションも多数用意されています。メロンパン・ブームを牽引しただけあって、リピーターへの配慮もぬかりありません。

画像: 「プレミアムメロンパン」(280円・写真左)と8月末までの夏限定の「湘南ゴールドクリームパン」(220円・写真右)

「プレミアムメロンパン」(280円・写真左)と8月末までの夏限定の「湘南ゴールドクリームパン」(220円・写真右)

海老名SA(下り)

至 東京 横浜・町田IC → 海老名SA(下り) → 厚木JCT 至 静岡

東名高速道路の東京をスタートして、最初にあるSA。利用者の数は国内屈指という大型のSAだ。最近になって圏央道が東名高速と接続しており、海老名SAのすぐ先に圏央道へと続く厚木JCTができた。静岡方面だけでなく、圏央道に向かう前の休憩としても海老名SAの役割はさらに大きくなっている。

画像: 海老名SA(下り)T046-232-5051(代表) 営業時間:6時~20時 年中無休

海老名SA(下り)T046-232-5051(代表) 営業時間:6時~20時 年中無休

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.