ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年11月22日から“ディスカバリー スポーツ 2018年モデル”の受注を開始した。同日にイヤーモデルが発表されたイヴォークと同様に新エンジンのINGENIUMが搭載され、さらに魅力的な価格設定のエントリーグレードが用意された。
画像: ディスカバリー スポーツが、エントリーグレードの設定で身近な存在になった。

ディスカバリー スポーツが、エントリーグレードの設定で身近な存在になった。

注目したいのは“PURE”

ディスカバリー スポーツの2018年モデルは全車、ジャガー・ランドローバーによるオリジナル開発・生産の新エンジン“INGENIUM”となった。ともに2Lのガソリンとディーゼルがあり、最高出力と最大トルクはそれぞれ240ps/340Nm、180ps/340psとなる。これは同日に発表されたイヴォークの2018年モデルのエンジンと同じタイプだ。

そして、このイヤーモデルの注目はエントリーグレードとして、車両価格440万円の“PURE(ピュア)”が設定されたことだろう。従来は“SE”の510万円が最廉価だったが、それより70万円も低価格のグレードが登場したことは注目に値する。

画像: エクステリアの変更は新ボディカラーの設定のみだ。

エクステリアの変更は新ボディカラーの設定のみだ。

ディスカバリー スポーツは5+2名用シートをオプションで選べ、ラゲッジスペースは最大で1698Lにもなる。その多用途性は“PURE”でも確保されているわけで、あとは自分に本当に必要なものだけオプションで追加していくのがいいだろう。

その他シリーズ全体の変更点としては、ボディカラーにナミブオレンジなどの新色が3色加わり全12色となったこと。さらにインフォテインメントシステム系の装備が充実したことなどが挙げられる。

ラインナップは以下のとおりだ。
・ガソリンエンジン搭載モデル
PURE  440万円
SE   510万円
HSE  610万円
HSE LUXURY 730万円
・ディーゼルエンジン搭載モデル
PURE  470万円
SE   540万円
HSE  640万円
HSE LUXURY 760万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.