ロールス・ロイスにはビスポークという顧客の様々な要望に応えて特別なクルマを仕立てる部門がある。そこが横浜生まれの特別仕様車「ベイサイド・ドーン」を製作した。ロールス・ロイス・モーター・カーズ横浜のプロデュースによるもので、車両価格は4347万円とのことだ。
画像: ロールス・ロイス「ベイサイド・ドーン」。実に気品ある佇まい。

ロールス・ロイス「ベイサイド・ドーン」。実に気品ある佇まい。

青い海と白い帆のイメージ

ロールス・ロイス・モーター・カーズのビスポーク部門と言えば、顧客のありとあらゆる要望に必ず応えることで有名だ。もちろんそれ相応の料金はかかるが、時に無理難題と思われることにもしっかりと対応してくれる。

そのビスポーク部門が“横浜仕様”と言える「ベイサイド・ドーン」を仕立てた。8年前に横浜みなとみらいに開業したロールス・ロイス・モーター・カーズ横浜のプロデュースによるものだ。

画像: 幌をしまったリアビューはホワイト一色になる。

幌をしまったリアビューはホワイト一色になる。

さて、そのゴージャスな内容だが、エクステリアはイングリッシュホワイトのボディカラーで、ミッドナイトサファイアブルーのボンネットと同色の幌を誂えクルーザーのような印象を与える。また、ショルダーラインにはネイビーブルーのコーチラインが流れる。

画像: ホワイトのレザーとウッドパネルでクルーザーのような雰囲気を演出する。

ホワイトのレザーとウッドパネルでクルーザーのような雰囲気を演出する。

インテリアも青い海と白い帆のイメージだ。アークティックホワイトレザー張りのシートにはネイビーブルーのアクセントとステッチが入り、ハンドルとアームレストはブルーとなる。さらにウッドトリムはカナデルパネルを採用し、ヨットをイメージさせる雰囲気だ。

画像: さすがにリアシートもスペースは十分でゆったりと寛げる。

さすがにリアシートもスペースは十分でゆったりと寛げる。

ドーンは2016年に日本へ導入された4座のコンバーチブルで、ボディサイズは全長×全幅×全高は5295×1945×1505mmで車重は2560kgだ。搭載する6.6L V12ツインターボエンジンは最高出力570ps、最大トルクは820Nmを誇る。

画像: ドアに内蔵された傘。紳士淑女は雨に濡れることを嫌うのだ。

ドアに内蔵された傘。紳士淑女は雨に濡れることを嫌うのだ。

ベース車両の価格は3740万円なので「ベイサイド・ドーン(4347万円)」はプラス607万円で仕立てられたということになる。これが高いとか安いとかの議論に意味はないだろう。いずれにしろ“特別”な“仕様”の“車”であることは間違いなし。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.