2018年3月20日、ダイソンが新製品、「Dyson Cyclone V10 コードレスクリーナー」を発表した。モーターと電池の進化が掃除機にも革新をもたらしたようで、今後、ダイソンは「コード付き掃除機の開発をしない」という。さて、その先進のクリーナーを紹介しよう。
画像: ダイソン サイクロン V10 コードレスクリーナー。オープン価格。

ダイソン サイクロン V10 コードレスクリーナー。オープン価格。

革新的なコードレスクリーナー

昨年の9月、ダイソンはEV(電気自動車)の開発を進めており、2020年には販売を開始すると発表して注目を浴びたが、今回は本業(!?)の掃除機の分野で革新的な新製品を発表した。

それが「Dyson Cyclone V10 コードレスクリーナー」で、従来のダイソンデジタルモーターV8と比べて、より小型&軽量、より高速になった新しいダイソンデジタルモーターV10と高密度の7セルバッテリーの採用で、よりパワフルな吸引力と最長60分の運転時間を実現した。

画像: ジェームズ・ダイソン氏。2006年に画期的な掃除機を広めた功績でエリザベス女王からナイトの称号を授与された。

ジェームズ・ダイソン氏。2006年に画期的な掃除機を広めた功績でエリザベス女王からナイトの称号を授与された。

発表会のために来日したダイソンの創始者でありチーフエンジニアでもあるジェームズ・ダイソン氏によれば、この新製品の完成により「コード付き掃除機の開発を止めた」とのことだ。

画像: 設計を根本的に見直したモーター。毎分最大12万5000回転するという。

設計を根本的に見直したモーター。毎分最大12万5000回転するという。

そもそも掃除機はコードレスであるにこしたことはない。しかし、従来はバッテリーの重量やモーターのパワーの問題などで、きわめて限られた用途でしかコードレスクリーナーを使うことはできなかった。そうした常識をダイソンは技術力で克服したというわけだ。

画像: バッテリーのセルは従来の6本から7本に。最大60分の運転が可能になった。

バッテリーのセルは従来の6本から7本に。最大60分の運転が可能になった。

この新製品の詳細はウェブサイト(https://www.dyson.co.jp)で確認していただきたいが、これでますますダイソンよるEVがどんなものなのか興味が湧いてきたというものだ。そのEVの販売開始まであと2年。ダイソンの動向に注目だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.