4月23日消防車の日、全国の小学生を対象とした「消防車メーカー モリタグループ 第13 回未来の消防車アイデアコンテスト」の結果が発表になりました。

1130作品の中から小学6年生(応募当時)が最優秀作品に

今年で13回目を数える「未来の消防車アイデアコンテスト」。

このコンテストは全国の小学生を対象に、夢のある「未来の消防車」をテーマとした作品を募集するもので、本年は3月12日に締め切られ、消防車の日(モリタホールディングス創立記念日)である4月23日に発表が行われました。

全1130作品の名から選ばれた最優秀作品は、神奈川県相模原市立内郷小学校6年生(応募当時)の中条 匠晴(なかじょう たくはる)さんが描いたスーパーレスキューカー。ハイテクを駆使したアイデアあふれる作品となっています。

画像: 中条 匠晴さんの最優秀作品。火事を見た体験から、こんな消防車があれば家が何軒も燃えなくて済んだ、という思いで描いたそうです。

中条 匠晴さんの最優秀作品。火事を見た体験から、こんな消防車があれば家が何軒も燃えなくて済んだ、という思いで描いたそうです。

中条さんには、記念としてモリタオリジナルグッズと、モリタ三田工場(兵庫県三田市)招待がプレゼントされます。

この他、9名の作品が入賞作品として選ばれました。
この方々には、モリタオリジナルグッズがプレゼントされます。

http://www.morita119.com/

画像1: 優秀賞

優秀賞

画像2: 優秀賞

優秀賞

画像1: 努力賞

努力賞

画像2: 努力賞

努力賞

画像3: 努力賞

努力賞

画像1: 佳作

佳作

画像2: 佳作

佳作

画像1: アイデア賞

アイデア賞

画像2: アイデア賞

アイデア賞

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.