5年に一度開催される消防/防災関連の国内最大級の展示会、「東京国際消防防災展2018」が、東京ビックサイトにて5月31日から6月3日まで開催される。

迫力の消防演習など楽しいイベント満載

東京国際消防防災展2018は、今回で開催10回目となる、消防/防災関連のイベントだ。

これは、災害時の防災意識や防災対策を知ってもらうことを目的としたイベントで、小さな子どもから大人まで楽しく遊びながら学ぶことができるものとなっている。

開場は東京ビッグサイト東5=7ホールと屋外会場。入場は無料。

屋外会場では、人体に安全な煙で火災の煙を疑似体験する「煙体験ハウス」、ポンプ車やはしご車に乗ることができる「消防車乗車体験」などがあり、屋内会場ではメインステージで俳優の村上弘明氏による東日本震災の復興活動の講演会、漫才協会による「防災漫才ライブ」子どもに人気の「ケロポンズコンサート」などが行われる。

またトミカのミニカー、救急車や消防車が並ぶジオラマ、消防ヘリ/スーパーアンビュランスなど珍しい車両展示、スタンプラリーなども行われる。

画像: 安全な煙で火災の煙を疑似体験する「煙体験ハウス」の様子。

安全な煙で火災の煙を疑似体験する「煙体験ハウス」の様子。

画像: 消防音楽隊による演奏。

消防音楽隊による演奏。

東京国際消防防災展2018

名称:東京国際消防防災展2018(FIRE-SAFETY TOKYO)
(英語表記:Tokyo International Fire and Safety Exhibition 2018)

開催趣旨:
過去の災害を教訓とした各種災害リスクを周知し、
都民等の防火防災意識及び行動力を向上させるとともに
住民・企業・行政による三者相互の連携強化並びに
関連技術・産業の振興を促進することを目的とする。

会期:
平成30年(2018年)5月31日(木)から6月3日(日)まで 4日間

開場時間:
10:00から17:00まで(最終日は16:30まで)

会場:
東京ビッグサイト 東5・6・7ホール、東屋外特設会場

画像: 屋外展示の様子。

屋外展示の様子。

画像: アメリカ海軍日本管区司令部消防隊のはしご車も展示される。

アメリカ海軍日本管区司令部消防隊のはしご車も展示される。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.