東洋ゴムは、5月30日〜6月3日の4日間メキシコで開催される第50回「SCORE BAJA 500(バハ500)」に参戦する3選手に対し、オフロードタイヤ「OPEN COUNTRY」シリーズを供給する。

前回大会優勝選手をはじめ3選手をサポート

バハ500は、毎年6月に開催する、世界有数の過酷なオフロードレースのひとつとして知られる。

全行程は500マイル(約800km)。岩場の多い山岳地帯や砂漠地帯を走破するが、このレースを完走するためには、ドライバーの高度なテクニックだけではなく、悪路走破性と耐久性のあるオフロードタイヤが求められる。

トーヨータイヤが供給するオフロードタイヤ「OPEN COUNTRY M/T-R(オープンカントリーM/T-R」は、北米で評価されている本格的オフロード向けピックアップトラック/SUV用タイヤ「オープンカントリーM/T」をレース用にチューニングしたもの。


今回のバハ500では、トーヨータイヤと、トーヨータイヤの米国タイヤ販売子会社(TTC)がサポート契約を結んでいる Robby Gordon(ロビー・ゴードン)選手、BJ Baldwin(ビージェイ・バルドウィン)選手、そして2016年よりTTCと契約を結び、前回大会で優勝しているAndy McMillin(アンディ・マクミラン)選手にオープンカントリーを提供する。

画像: 前回大会の様子。 Robby Gordon(ロビー・ゴードン)選手の車両。

前回大会の様子。 Robby Gordon(ロビー・ゴードン)選手の車両。

画像: こちらも前回大会の様子。BJ Baldwin(ビージェイ・バルドウィン)選手の車両。

こちらも前回大会の様子。BJ Baldwin(ビージェイ・バルドウィン)選手の車両。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.