Q.1
4代目コルベット(C4型)のトランスミッションとして正しい組み合わせはどれでしょう?

画像1: 【知って得するクルマのクイズ⑬】新世代シボレー コルベット発表を記念してシボレーの歴代名車3選
  • 1. 3速ATと4速MT
  • 2. 3速ATと5速MT
  • 3. 4速ATと5速MT
  • 4. 4速ATと6速MT
  • 1. 3速ATと4速MT
    16
    20
  • 2. 3速ATと5速MT
    24
    31
  • 3. 4速ATと5速MT
    31
    39
  • 4. 4速ATと6速MT
    29
    37

正解:4

テストカーに43台も費やし、満を持して登場した4代目コルベット。3代目からロングノーズは踏襲しつつ、スタイリッシュなデザインに。エンジン以外のほぼ全てを新規設計し、前後の重量配分は49:51でスポーツカーとしてほぼ理想的な比率を実現していました。ちなみにテストカーは1台だけ残っていて、コルベットの生産工場に併設されたコルベット博物館(ケンタッキー州)に保管されています。
*写真は4代目コルベット グランスポーツ

Q.2
1960年代のアメリカで、シボレー・カマロのような若者向けのスポーツカーを何と呼んでいたでしょう?

画像2: 【知って得するクルマのクイズ⑬】新世代シボレー コルベット発表を記念してシボレーの歴代名車3選
  • 1. マッスルカー
  • 2. ポニーカー
  • 3. デートカー
  • 4. スペシャリティカー
  • 1. マッスルカー
    39
    50
  • 2. ポニーカー
    48
    61
  • 3. デートカー
    5
    7
  • 4. スペシャリティカー
    8
    10

正解:2

1960年代、主にアメリカの若者が最初に手に入れやすい2500ドルほどのコンパクトでスポーティーな自動車をポニーカーと呼びました。これは、本格的な乗馬を始める前の子供に与えられる小型の馬(ポニー)が語源で、マッスルカーの中でもコンパクトな車がポニーカーに位置付けされています。
*写真は現行カマロ

Q.3
シボレー アストロ等のミニバンで、内装を豪華にカスタマイズした車を何というでしょう?

画像3: 【知って得するクルマのクイズ⑬】新世代シボレー コルベット発表を記念してシボレーの歴代名車3選
  • 1. ラグジュアリーバン
  • 2. アメリカンバン
  • 3. コンバージョンバン
  • 4. カスタマイズバン
  • 1. ラグジュアリーバン
    35
    41
  • 2. アメリカンバン
    8
    9
  • 3. コンバージョンバン
    47
    55
  • 4. カスタマイズバン
    10
    12

正解:3

コンバージョンバンのカスタマイズ方法は様々で、ウッドパネル、革張りシート、シャンデリア等を設置し、車内空間を快適にする工夫が凝らされていました。アストロは車幅が2m近くありアルファードより10cm以上幅がありますが、ボディタイプは「ミニバン」です。こういうサイズ感からもアメリカのダイナミックさが伺えます。

This article is a sponsored article by
''.