第7戦ベルギーGPの開幕を前に、第13戦以降未定となっていた2020年F1シーズンの新しいカレンダーが追加発表された。F1は第13戦ロマーニャGP(イタリア・イモラ)の後、トルコGP、バーレーンGP、サヒールGPを戦った後、アブダビGPで最終戦を迎えることになる。これで2020年F1シーズンは全17戦で争われることが確定。現在第6戦まで終了しているが、まだシーズンは11戦も残すこととなり、レッドブル・ホンダとメルセデスAMGの今後の戦いが楽しみになってきた。

クライマックスはバーレーン、アブダビでの3連戦

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、2020年のF1はスケジュールを大幅に変更して開催されているが、ついに第13戦以降の最終開催日程が確定。これまで残りレース数がわからないままの戦いとなっていたが、チームはシーズンを見通した戦略を立てることが可能となった。

今回発表された新しいスケジュールによると、F1は11月1日のにロマーニャGP(イタリア・イモラ)を終えた後、中1週おいてトルコに移動、11月13〜15日にイスタンブールで第14戦トルコGPを行い、再び中1週のインターバルをおいて、バーレーンに移動して2連戦を戦うことになる。第15戦はバーレーンGP(11月27〜29日)、第16戦はサヒールGP(12月4〜6日 )の名称となり、ともにサヒール サーキットで行われる。そして12月11〜13日にヤス・マリーナ サーキットで行われる第17戦アブダビGPが最終戦となる。

注目は2011年以来の開催となるトルコGP、そして第15戦から第17戦 にかけての3週連続開催。今シーズンはこの異例の3週連続開催が4回も組まれているが、シーズン最後の、しかも欧州を離れての3週連続開催はハードワークになりそうだ。

もしここまでチャンピオンシップ争いがもつれていたら、とんでもないグランドフィナーレとなる可能性がある。

ちなみに、最後まで検討されていたと言われる中国での開催はこれで正式にキャンセルとなった。結局、今シーズンはアジア、北米、南米、オーストラリアでの開催はなかったが、ロジスティックと関係者の移動の問題をクリアできなかったとも噂される。なお、レースは引き続き無観客で行われることになっている。

最終決定された2020年F1グランプリのスケジュールは次のとおり。全17戦で行われる。

画像: 2011年以来のF1開催となるトルコ・イスタンブールパーク。

2011年以来のF1開催となるトルコ・イスタンブールパーク。

画像: 例年はシーズン序盤3月に開催されるバーレーン・サヒールサーキット。今年は12月にダブルヘッダーとして開催される。

例年はシーズン序盤3月に開催されるバーレーン・サヒールサーキット。今年は12月にダブルヘッダーとして開催される。

2020年F1グランプリ スケジュール(2020年8月25日発表)

第1戦 7月3日〜5日 オステルライヒGP (優勝 V・ボッタス)
第2戦 7月10日〜12日 シュタイアマルクGP(優勝 L・ハミルトン)
第3戦 7月17日〜19日 ハンガリーGP(優勝 L・ハミルトン)
第4戦 7月31日〜8月2日 イギリスGP(優勝 L・ハミルトン)
第5戦 8月7日〜9日 70周年記念GP(優勝 M・フェルスタッペン)
第6戦 8月14日〜16日 スペインGP (優勝 L・ハミルトン)
第7戦 8月28日〜30日 ベルギーGP スパ・フランコルシャン
第8戦 9月4日〜6日 イタリアGP モンツァ
第9戦 9月11日〜13日 トスカーナGP イタリア・ムジェロ
第10戦 9月25日〜27日 ロシアGP ソチ
第11戦 10月9日〜11日 アイフェルGP ドイツ・ニュルブルクリンク
第12戦 10月23日〜25日 ポルトガルGPアルガルベ
第13戦 10月31日〜11月1日 ロマーニャGP イタリア・イモラ
第14戦 11月13〜15日 トルコGP イスタンブール
第15戦 11月27〜29日 バーレーンGP サヒール
第16戦 12月4〜6日 サヒールGP サクヒール
第17戦 12月11〜13日 アブダビGP ヤス・マリーナ

This article is a sponsored article by
''.