クルマの一括査定は、一度で多くの買取店に査定依頼ができるサービスです。しかし、「やめたほうが良い」「危険」といった口コミが散見されるほか、実際にトラブルに発展したという書き込みも中には見られます。

これは私の経験になりますが、ネガティブな意見を言う方たちの多くは「本気でクルマを売る気持ちがない」というケースであるように感じます。そのため、一括査定に申し込んだ後の大量の電話に度肝を抜かれ迷惑と感じてしまうのではないか、というのが推論です。

そこで、一括査定について「やめたほうが良い」「危険」と言われる理由がどこにあるのかをまず解説し、一括査定の正しい利用方法と本当のメリットをお伝えします。

一括査定では、基本的に電話営業は避けられません。しかし、メリットも多いサービスです。ぜひこの記事を参考に、利用するかどうかをご自身で判断していただければと思います。

→【当サイトおすすめNo.1】カーセンサーの一括査定で買取価格を今すぐ調べる!

クルマの一括査定が「やめたほうが良い」と言われる4つの理由

クルマの一括査定について調べていると「クルマの一括査定はやめたほうが良い」といった内容が目に入ることもあると思います。

一括査定は査定申込を行うと大量の電話アポイントがかかってくるため、「今の愛車の相場を知りたいだけ」「とりあえず愛車がいくらになるか聞いてみたい」といった軽い気持ちで利用したユーザーにとっては迷惑と感じることが出てくるのではないでしょうか。

その他にもサービス上の弱点があるため、これが「一括査定はやめたほうがいい」と言われる理由に繋がっていると考えられます。

その弱点というのが、具体的には以下の4つです。

  • ①一括査定を利用するとすぐに大量の電話攻撃がある
  • ②一括査定を利用しても田舎では見つからない可能性がある
  • ③強引な営業を掛けてくる
  • ④法外な解約金を要求される

①一括査定を利用するとすぐに大量の電話がかかってくるから

「一括査定はやめたほうがいい」と言われる一番の理由は電話によるアポイントメントの多さでしょう。

クルマ以外にも一括見積もりや一括査定サービスを使った経験がある方はご存知かと思いますが、申し込みを行うとシステムにより対象となる業者からすぐに電話連絡がきます。これは、ユーザーが地域を選択して登録完了すると、対象地域の買取店に連絡がいく仕組みだからです。

電話営業が迷惑と感じるかどうかはユーザー次第ではありますが、登録して数秒から数分で自身の携帯が鳴り響き、電話を切ってもすぐに違う買取店から連絡があるぐらい頻回の電話がかかってきます。中には、指定した電話番号に一斉発信ができるオートコールを利用している買取店もあり、登録して数秒程度で電話が鳴ることも。

このような大量の電話は、一部のユーザーにとって迷惑と感じる原因になっていることは否定できません。

しかし、一括査定で多くの業者から電話連絡が来る理由は、売りたい側のクルマをできるだけ条件良く他社より早く買いたいからです。どうしても他の店舗より早くアポイントメントを取って契約にこぎつけたい気持ちが大きい為、電話が殺到してしまいます。

【ワンポイント解説】

もし電話営業を避けたいのであれば「オークション型」の査定サイトがおすすめです。オークション型の査定サイトであれば、最も高額な査定を出してくれた1社とのみのやりとりとなりますので、複数社からしつこく電話営業を受ける心配がありません。

有名なサイトで言えば「ユーカーパック」や「楽天カーオークション」です。

「電話営業は避けたいけど、複数社の査定額を比較してみたい」という方はぜひこちらもご利用ください。

→【しつこい電話なし!】ユーカーパックで今すぐ査定を取りたい方はこちら!

メール問い合わせに切り替えても電話連絡がくる場合あり

クルマの一括査定サイトは、電話連絡が基本となりますが、例えばカーセンサーの一括査定サイトであれば「メール連絡の希望」を選べます。

実際にメール連絡の希望を出すことで電話連絡はかなり抑えられます。ただし、実態としてはメール連絡希望にしても買取店から電話で連絡が来ることもあるのが事実です。

そのため、電話を嫌がるユーザーからは期待を裏切られたような形となり、もっと言えばサイトの信頼性が失われ、一括査定サービスは使わない方がいいと思われる原因の一つになっていると考えられます。

査定申し込み直後から電話が始まる

買取店側は、登録した人の状況(今何をしているのか)を知る術がありませんので、ユーザーの登録情報が送信された時点で、電話連絡を入れようと考えます

つまり、仕事の休憩時間に登録してしまうと、仕事中に買取店からの電話が大量にくることになる可能性が高いということです。

ですから、一括査定を利用する場合は休日などある程度時間が確保できる時に利用するのがおすすめです。

ただし一括査定は、多くの買取店に査定依頼ができる便利なシステムな反面、登録すると一度に多くの店舗から査定依頼したクルマの詳細と査定日の調整について連絡が来ます。

休日に予定が入っているなら、その予定の邪魔になる可能性も否定できないので、時間に余裕がある休日に利用すれば、ゆっくりと電話対応でき、高く愛車を売るためのプランが立てられるでしょう。

電話に出るまでしばらく電話が続く可能性も

一括査定をすると大量の電話がかかってきますが、電話に出なければ何回も繰り返し電話がかかってくることが多いです。

これは各買取店のマニュアルとして「アポイントが取れるまで◯◯回電話をかける」と定められていたり、中にはオートコールを利用して応答があるまでかけ続けるようコンピューターの設定を行っているからです。

【ワンポイント解説】

中には早朝や深夜に電話をかけてくる業者も少なからず存在します。このような迷惑な行為は、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)の行動基準で禁止されています。

JPUCでは、営業電話や訪問営業を午後9時から午前8時まで禁止しており、この時間帯に電話が鳴るようなら、その業者はJPUCの指導を受けていない可能性が高いので、電話は拒否したほうが良いでしょう。

常識を逸脱した時間帯の電話でなければ、対応して買取店と話をすることをおすすめします。買取店は、他店より早くアポイントメントを取り早く買取したいだけなので、電話に出ることで不利になることはなにもありません。

一括査定を利用するなら本当に売りたい時に利用しよう

一括査定を利用すると多くの業者から電話連絡がきますが、本当にクルマを売る気があれば、電話連絡を迷惑と感じないはずです。

一括査定で大量の着信にうんざりする人の多くは、本気で売却を考えているというより、今の相場を知りたいだけという人がほとんどな印象です。

一括査定を利用すると、買取業者は売りたい人からの連絡であるという前提で話を進めてくるので、一括査定の利用は確実に買い替えや処分を決めているときに利用するようにしましょう。そうでなければ迷惑と感じて「やめておけば良かった」と後悔することになりかねません。

一方、もし本気でクルマを売りたいなら一括査定は便利なサービスです。どの程度の熱量があるのか、一度冷静に考えてみて、それでも売却する意思が固いようならぜひ利用してみてください。

→【当サイトおすすめNo.1】カーセンサーの一括査定はこちら!

②一括査定を利用しても田舎では見つからない可能性があるから

一括査定は、売却を希望している方が登録した地域にある一括査定サイトに参加している買取店から連絡が来ます。そのため、登録した地域に一括査定サイトに参加している買取店が無ければ、買取店からのアポ電話はきません

一括査定サイトに参加している買取店は、全国展開している買取店なので、地域密着型の中古車店が営業する買取店は含まれません。そのため、全国展開している買取店が自分の地域に無ければ、一括査定を利用しても査定依頼可能の店舗が少ない、または全く表示されないでしょう。

このような状況は、田舎や地方で多く見られます。対策としては、一括査定を複数利用することです。それは、一括査定に参加している買取店は一括査定サイトによって異なるからで、少しでも多くの買取査定業者を探すなら、一括査定サイトも複数利用してみるのも一つの方法です。

サイト名査定申込可能数サイトURL
カーセンサー最大30社https://kaitori.carsensor.net/
ナビクル最大10社https://www.navikuru.jp/
ズバット車買取比較最大10社https://www.zba.jp/car-kaitori/
主要一括査定サイト一覧

地域によっては一括査定業者が営業展開していないことがある

一括査定サイトに登録しても対象の買取店が検索されない場合は、登録した地域に一括査定サイトに参加している買取店が営業していません。

このような場合は、その地域が対象外なので、その時点で諦めもつきますが、中には一括査定で表示される買取店があっても、出張査定が断られる場合もあります。

出張査定が断られる場合は、買取店からのアポ電話の時にクルマの情報を伝えますが、そのときに需要が無いクルマや不人気車の場合は、田舎や地方であるほど引き取りや出張査定の経費を回収するのが難しいため、出張査定が断られます

一括査定以外のサービスを利用すればクルマを売ることが可能

一括査定を利用しても、買取店がヒットしないような地域の場合は、オークション形式の一括査定を利用する方法があります。

オークション形式の買取サービスは、今注目され始めた買取サービスで、1社のみ連絡すれば、多くの業者が愛車をオークションで競い合うので、かなり有効な手段です。

ただし、一括査定のように、すぐに買取査定額がわからない点がデメリットです。

このほか、どんなに田舎の場所でも、クルマが走っていれば必ずクルマを買い取る業者が存在します。そこで、地域密着型として営業している中古車店や自動車販売店、自動車整備工場などに相談してみましょう。

自動車業界では、必ずクルマを買い取る方法や処分する方法が確立されているので、田舎であっても、クルマの買取や買い取る店舗の紹介をしてくれるでしょう。

【ワンポイント解説】
オークション形式の車査定サービスといえば「ユーカーパック」が有名です。約3000社と提携しており、最も高額な査定を出した業者と繋いでくれます。

面倒な電話は避けたいけれど、できるだけ多くの買取店の査定を取ってみたいという人にはおすすめのサービスですので、こちらのご利用も検討するといいでしょう。

→【約3,000社と提携あり】ユーカーパックで今すぐ査定を取りたい方はこちら!

③強引な営業を掛けてくるから

一括査定サイトに参加している買取店に査定依頼の連絡が入ると、その時点で売りたい人の個人情報を買取店が購入したことになり、買取店は買い取った経費を回収するため結構な確率で強引な営業を掛けてきます

買取店の立場で考えた場合、個人情報とクルマの情報を買い取ったからには、かかったコストを回収するために電話をかけまくり、繋がったらとにかくアポイントを取って買い取りたいという気持ちです。

このような理由から、買取店はコスト回収のために半ば強引な営業方法を取ってでも、クルマを安く買い取りたいと考えています

営業マンは他社に買取されたくないので強引になる

一括査定サイトから購入する個人情報やクルマの情報は、参加している売りたい側の対象地域の買取業者全てが購入します。そのため、一括査定サイトに参加している業者は全てライバルであり、我先にと強引な営業になっています。

一括査定サイトに参加している買取店は全て情報を買い取っており、コストがかかっていますから、他社を出し抜いてでも買い取りたい一心で営業してきます。結果、かなりユーザーにとって不愉快に感じる強引な営業に映っています。

しかも売買契約を結んだ後でも、他の買取店から営業電話がかかってきます。これは、一括査定サイトに参加する業者に個人情報は売り渡しますが、買取契約に関する情報共有がされていないためです。販売先が決まったのに、他社買取店からかなり強引な話が来るのはそのためです。

高く売りたいならこちらも強気で対応しよう

一括査定を利用する方は、愛車を少しでも高く売りたいと考えているはずです。高く売りたい気持ちを高め、強引に駆け引きしてくる営業マンに負けないよう、強気で対応しましょう。

一括査定で高く売れるとはいっても、買取店側からすれば、なるべく安く買えれば利益が上がります。そのため、高価買取でも思いもよらない安値で契約を迫ってくる業者も存在します。

自分が納得できない金額であれば、強引な営業に負けないように強気で対応し、どうしても査定額に満足できなければきっぱり断る勇気が必要です。

④法外な解約金を要求されることがあるから

一括査定を利用して買取店との契約が済んでも、その後すぐに売却を断念せざるを得ない理由が発生することも少なくありません。そのような場合、速やかに買取店に連絡を入れる必要がありますが、その時にキャンセル料を要求されることがあります。

キャンセルを申し出るタイミングが、クルマを引き上げた後ではキャンセルは難しい場合が多いでしょう。しかし、契約してまだクルマを引き上げる前でもキャンセル料が発生し、しかも法外な解約金まで請求される場合があります。

やむを得ず売却を解約したいのに高額なキャンセル料が発生するトラブル事例あり

クルマの売却契約を買取店と交わした後、どうしても売却できない事情が発生する場合もあるでしょう。

この時に、すぐに買取店にキャンセルしたい連絡を入れても、すでに「売却先が決まっている」といった話を持ち出され、どうしてもキャンセルするなら高額な解約金が必要になると言われます

一括査定経由で買取契約を結んだクルマは、店舗に査定にきて契約したクルマより経費が掛かっています。また、他店との買取価格競争でかなり無理していることも考えられるので、キャンセルはしてもらいたくないと考えています。

クルマに限らず、家の売買でも契約後のキャンセルは基本的に不可が原則です。ただし、契約後のキャンセルに関して猶予期間を設けている買取店もあり、その期間内であればキャンセルはできます。

猶予期間については買取店ごとで異なっており、一般的に3日から1週間程度と決まっているので、キャンセルするならできるだけ早く連絡するようにしましょう。

実害だけ支払うべきでありそれ以上は支払う必要がない

一括査定から買取店と売買契約を結んだ後でキャンセルが発生した場合、請求されるキャンセル料は、買取店が実害として転売するためにかかった経費分だけ負担すればよく、法外なキャンセル料は拒否できます。

売買契約した後でキャンセルを申し出ることは、買取店にとって迷惑以外の何物でもありません。しかし、キャンセルは想定外に訪れることがあるので、その場合はキャンセル料を支払うことで契約を無効にできます。

このキャンセル料について、買取店側から法外な金額を請求される場合があります。一般に、キャンセル料はクルマを引き渡した後でも5,000円~10,000円程度であり、近隣に陸送して引き取りされた場合でも15,000円程度で済みます。

そこで、法外なキャンセル料が請求された場合、実害としてかかった経費だけ支払えばよく、その金額を超える部分は拒否できます。これは、「消費者契約法第9条」に次のように記載されていることからもわかります。

(消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等の無効)
第九条 次の各号に掲げる消費者契約の条項は、当該各号に定める部分について、無効とする。
一 当該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定める条項であって、これらを合算した額が、当該条項において設定された解除の事由、時期等の区分に応じ、当該消費者契約と同種の消費者契約の解除に伴い当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるもの 当該超える部分

わかりやすく解説すると、事業者の損害の額を超える金額は、損害賠償の額や違約金を設定していても無効になるということです。

もし、不安があれば最寄りの弁護士に相談すると良いでしょう。近くに専門家がいないなど、弁護士を利用するのに戸惑っている人は、法テラス経由で申し込めば気軽に相談できます。

実際にあった一括査定のトラブル例・クチコミ

一括査定では、多くのトラブルが聞かれますが、ここでは実際に寄せられたトラブルの口コミを紹介します。

これらの口コミを見れば、一括査定を利用すると、どれだけのデメリットがあるのかわかるでしょう。そして、回避するにはどうすれば良いかも見えてきます。

大量の電話で萎えた口コミ

一括査定を利用すると、大量の電話がかかってくる口コミの一部です。全ての人に共通することは、一括査定申し込み後に大量の電話がかかってくるということでした。そして、無視しても電話は何回もかかってくることです。

田舎は一括査定しても買取店が少ないという口コミ

一括査定を利用して、買取店からの連絡がこないといった口コミはかなり少ないですが、それでも以下のような口コミのように、田舎には一括査定してもアポ電話の数が少ないといった口コミも見られます。

強引な営業電話に迷惑した口コミ

一括査定に登録すると、多くの業者からしつこい電話がかかってきて、多くの方が迷惑しているといった口コミを多数見かけます。

実際の口コミの例を参照すると、電話営業に困惑した内容を見て取れます。

仕事中の営業電話は勘弁してほしいという口コミ

一括査定を利用するタイミングで、仕事中に営業電話が多くかかり困惑する口コミが見られます。

買取店では、登録した人が仕事をしていようが寝ていようが、お構いなしで営業電話をかけてきます。これは、競合他社より一刻も早く営業して契約を取りたいからですが、この営業電話のタイミングを自分の空いている時間にできるよう、一括査定するタイミングを考えれば問題はなくなります。

キャンセル料が発生したという口コミ

買取契約後のキャンセルは、買取店にとってはかなりの痛手です。キャンセルすると、キャンセルさせないためにあの手この手の言い訳を言ってくる買取店もあります。

契約を結ぶ前に、キャンセルについてもしっかりと買取店と話しておくことも重要です。

それでも高く売るなら一括査定!安心して使えるおすすめのサイトはある?

一括査定は、電話が多くかかってくることから迷惑と感じる人が多くいます。しかしクルマを高く売るには、多くの買取店で査定したほうが高額査定を引き出しやすいと言われています。

一括査定は、使用するサイトや使い方を間違わなければ、非常に理にかなったサービスと言えます。

一括査定のメリットはクルマが高く売れること

一括査定の最大のメリットは、クルマが高く売れる業者を見つけられることです。

もし一括査定がこの世に存在しなかったら、多くの買取店に一度に査定依頼を出すことは不可能です。しかも、多くの買取店に査定依頼するには自分の足で買取店を訪問しなければならず、時間と労力は計り知れないと言えます。

クルマを高額で売るには多くの買取店で査定して比べること

クルマを高く売りたければ、多くの買取店に査定に出すのが良いと言われていますが、その理由は、買取店の数だけ査定額も提示されるからです。

クルマの相場は時期ごとで決まっていますが、買い取る側の査定額は、買取店の利益や販売方法、そして査定士のさじ加減で変わります。査定額は買取店ごとで変わりますが、一般的に買取価格は市場相場を基本に算出されるので各社それほど差は生まれません。

しかし、買取店が増えれば流通方法が変わり、査定したクルマを高く買い取っても利益が出る業者があります。このような業者に巡り合うためには、一括査定で多くの買取店にコンタクトを取るのが良いと言えるでしょう。

リスクを上回る高額査定を引き出せるのも一括査定の魅力

一括査定は「やめたほうが良い」や「危険」といった意見が多く見られますが、このリスクの多くは大量の電話による迷惑がほとんどであり、このリスクは売りたいと真剣に考えている人にとっては、たいしたリスクではありません。というのも、一括査定は高額で売るための効果が高いからです。

例えば、本当にクルマを売りたいときには、できるだけ高く売りたいと思う人がほとんどです。しかし、自分の足で高額査定を提示する業者を見つけ出すことは困難と言えるでしょう。そこに高額で買い取る業者を探せる一括査定があれば、本当に売りたい人なら躊躇なく使用できるはずです。

しかも一括査定なら確実に連絡が来るので、クルマの査定依頼で連絡がこないことで逆に心配することもありません。

一括査定は、本気で売りたい人にとって自宅にいながら多くの店舗に査定依頼ができる便利なサービスです。多くの店舗に査定依頼すれば高額査定を出す店舗を探せるので今すぐチェックしましょう。

→【当サイトおすすめNo.1】カーセンサーの一括査定で買取価格を今すぐ調べる!

初めての方におすすめなのはカーセンサー

一括査定を利用するなら、業界最大級のカーセンサーがオススメです。

カーセンサーは、1984年10月に中古車情報誌として誕生した歴史ある企業です。その後、1996年4月に現在のカーセンサーnetの前身、CARSENSOR on the netが始まります。

リニューアルを次々と行い、ネット上で走行距離を全車に表示したのもカーセンサーが最初でした。そして、2008年3月には買取サービスを開始し、多くのオーナーが愛車を高く売りたいと考える心理を現実化した一括査定が始まりました。

参考:“カーセンサーは安心”その理由

このように歴史があるカーセンサーは、一括査定の提携業者が1,000社以上と業界最大級を誇ります。このため、多くの業者が参加しているので、高く買い取る業者を見つけられる可能性が高いと言えます。

また、一括査定では電話営業が多く迷惑と感じる人が多いので、カーセンサーでは設定を変える機能があります。この機能を使い、設定を自分好みに変えれば営業電話を減らせます。

カーセンサーのメール対応希望を選べば電話ラッシュを抑えられる

カーセンサーの一括査定を利用すると、電話連絡希望のほかにメール対応も選べます。この方法を取れば、多くの電話着信に悩まされる心配がありません。

とはいっても、カーセンサーのメール対応サービスを利用しても100%電話をストップさせることは不可能です。

そこで、どうしても電話をストップさせたいなら、ガリバーとビッグモーターを申し込み業者から外します。このガリバーとビッグモーターはオートコールを使用しているので、メール設定しても関係なく電話がかかってくるからです。

これらの設定は、通常の入力のほかに自分で設定する必要があり面倒なところがありますが、ちょっと手間をかければ電話を減らせるので使わない手はないでしょう。

しかし、ガリバーとビッグモーターは大手買取店なので、この2店舗を外すことはかなり買取では不利になる可能性があります。そこで、一括査定でこの2店舗を外したなら、自分で個々に連絡して査定依頼したほうが良いと言えます。

業界最大級ならクルマの価値をわかる査定士に出会える

買取店には査定士がいますが、査定士にも新米からベテランがいるほか、査定方法も十人十色です。マニュアルに沿った査定士もいれば、オーナーのクルマに対する思いを汲んで査定する査定士もいます。

カーセンサーなら、提携業者が業界最大級なので、査定にくる査定士も多いことから本当の価値がわかる査定士に出会えるでしょう。

一括査定で大量電話が嫌ならカーセンサーを利用してみましょう。メール連絡のみ希望と連絡希望時間帯に入力すれば、買取店の電話連絡は大幅に減らせますから今すぐチェックしましょう。

→【当サイトおすすめNo.1】カーセンサーの一括査定で買取価格を今すぐ調べる!

一括査定は冷やかしで利用しない

一括査定は、「やめたほうが良い」や「危険」といった話をよく聞きますが、そのほとんどが「売る気はなかったが相場だけ知りたかった」といった方が多く見られます。

一括査定を利用する買取業者は、クルマの買取利益を出すための手段として使用しているので、一括査定を利用した方たち全てに全力で営業を掛けてきます。そのため、冷やかしで利用すると大量の電話で迷惑する羽目になるでしょう。

今の相場を知るために一括査定を利用するとやめたほうが良いと感じる

クルマに乗っていれば、いつかは買い替えを検討する可能性があり、興味本位で今の相場を調べて見たくなるものです。しかし、一括査定を利用して大量の電話連絡が来ても、その場で相場を知ることはできません

多くの人が一括査定を利用すると、すぐに今の査定額がわかると勘違いしていますが、実際にクルマを見なければ査定額は提示されません。

そのため、相場が知りたいからと安易に一括査定を利用すると、大量の電話があり後悔することになるでしょう。

一括査定は本気でクルマを売りたい人向けのサービス

一括査定は、クルマを売ると決めたユーザーが利用するシステムなので、相場を知りたいからと利用すると自分も買取店も迷惑します。

クルマの販売には、売る側と買う側の思惑が一致しなければ成立しませんが、なんとなく相場を知りたい売る側と本気で買いたい買う側では、売買が成立しないばかりか、本気で買いたい買取店の営業を迷惑と感じてしまうでしょう。

愛車を実際に見なければ査定額は出ない

一括査定を利用すると多くの電話が来ますが、その営業電話の内容は、売りたいクルマの内容と査定日の調整です。そのため、一括査定を利用しただけでは査定額はわかりません

売りたいクルマの内容は、車検証を基に電話口のオペレーターと話をしますが、主に車名、年式、走行距離、ボディカラー、グレード、車検残などであり、クルマの状態に関する質問はありません。

そのためクルマの査定額は、実際に査定士が出張査定にこなければ提示されません。これは、クルマを見てキズや機関の状態、そしてクルマに装備される機能が問題なく作動するのかチェックしなければわからないからです。

これらのチェックが行われて、初めてクルマの本当の査定額がわかるので、ネットで簡単査定が謳われていても、今のクルマの本当の査定額を気軽に知ることはほぼ不可能です。

一括査定のネガティブな噂に関するよくある質問

Q.一括査定を利用すると大量の電話で電話対応に忙しくなるのは本当?

A.大量の電話が来るかは、一括査定でヒットした最寄りの買取店の数が影響します。基本的に、一回電話に出て査定日時まで決めれば同じ買取店から電話は来ません。そのため、5店舗なら5回、8店舗なら8回電話が来ます。しかし、電話に出ないと何回も電話に出るまでかかってきます。

Q.一括査定が危険と言われるのはなぜですか?

A.本当に売りたい人であれば問題ありません。しかし、冷やかしで一括査定を利用すると買取店は冷やかしであることを知らないので、本気で買うための話を延々としてきます。これが、強引な営業と勘違いされ危険と言われています。

Q.一括査定は高く買い取ると言われていますが、なぜやめたほうが良いという人が多いのでしょう?

A.本気で売りたい人であれば、一度に多くの買取店に査定依頼できるので、これほど理にかなったサービスはありません。しかし、やめたほうが良いという人は、相場が知りたかっただけといった本気で売ることを考えていない人がほとんどです。そのため、一括査定の営業電話が迷惑と感じ、やめたほうが良いという考えになっています。

まとめ

一括査定は、本気でクルマを売却したい人向けのサービスです。冷やかしでの利用では、一括査定を利用したことによる大量の電話で迷惑に陥るだけでありデメリットでしかありません。

しかし、本気でクルマを売却したい方にとっては、最も高額で売却できる買取店が探せるサービスであり、非常に理にかなったサービスです。

一括査定を利用すれば愛車を高く売るだけでなく、安心して買取店に任せられますが、それには正しく利用することがポイントです。

→【当サイトおすすめNo.1】カーセンサーの一括査定で買取価格を今すぐ調べる!

This article is a sponsored article by
''.