廃車の手続きは、車検証に記載された本拠の住所を管轄する運輸支局で行う必要があります。運輸支局は平日昼間のみしか開局しておらず、慣れていないと手続きの書類を作成するのも一苦労です。

そのため手間を少なくしたいのであれば、業者に手続き代行を依頼すると良いでしょう。手続き代行をしてくれる業者は「ディーラー」「行政書士」「中古車買取業者」の3つです。

本記事では、各業者に手続き代行を依頼した場合の費用目安や手続きの流れをご紹介します。業者によってかかる費用や代行してくれる内容が異なりますので、依頼先を選択する参考にしてください。

→【廃車手続き無料代行】カーネクストの廃車引き取りサービスはこちら!

廃車手続きを代行してくれる3つの業者と費用目安

廃車手続きを代行してくれる業者は主に下記の3つです。

  • ディーラー
  • 行政書士
  • 中古車買取業者

業者によって代行費用が異なります。ご自身の状況に合わせて依頼先を選ぶ参考にしてください。

ディーラー・・・10,000〜30,000円程度

手続き代行費用目安10,000円〜30,000円程度

ディーラーに廃車手続きの代行を依頼することが可能です。ディーラーに廃車を依頼した場合には手続きだけでなく、廃車に必要な車両の解体や車両の運搬も併せて行ってくれます

ディーラーで廃車を依頼するメリットは新しいクルマへの乗換えがスムーズという点にあります。ディーラーでクルマを廃車にすれば、新車の納車に合わせてこれまで乗ってきたクルマを引き渡すことができるため、納車までの期間代車を用意する必要がありません。

また新車の購入に必要な手続きと、廃車依頼に必要な手続きをひとつの店舗で行えるため、手間を減らすことができます。

ディーラーで廃車をするデメリットは、廃車代行に費用がかかるケースがあるという点です。

ディーラーではクルマを購入するお客様に対するサービスの一環として中古車の下取りや廃車を行っています。新しいクルマを購入するなどの理由があれば、廃車の買取や廃車手続きを無料にしてくれることもありますが、中古車として転売が難しいようなクルマの廃車手続きのみを依頼する場合には、手続き代行費用として10,000円~30,000円程度が請求されることも珍しくありません。

またディーラーは、古い・ボロボロのクルマに値段を付けることが難しい傾向にあります。他社なら値段が付くようなクルマでも、ディーラーでは0円査定ということも。費用をできるだけ抑え、少しでも手元にお金を残したいのであれば他の方法を選択したほうが良いでしょう。

ディーラーで0円査定のクルマも買取できる可能性が!古くボロボロのクルマは廃車買取業者に査定してもらおう

ディーラーではお客様へのサービスの一環として下取りを行っています。下取りをしたクルマは中古車として転売されることがほとんどで、中古車として転売が難しいような古いクルマや故障車・不動車は利益が見込めないことから値段が付かないケースが多いです。値段が付かないどころか廃車に必要な費用を請求される場合もあります。

しかしディーラーで値段が付かなかったらといって、どこも買取ができないというわけではありません。ディーラーで値段が付かなかったクルマは廃車しかないと諦める前に廃車買取業者へ査定を依頼してみましょう。

廃車買取業者は日本国内で中古車として利用することが難しくなったクルマでも転売できる販路を多く確保。ディーラーで0円査定されたクルマに値段が付く可能性が十分あります。

下記は廃車の買取に特化したカーネクストの公式サイトです。カーネクストでは万が一値段が付かなかったとしても、廃車手続きを無料で代行してくれますので是非参考にしてください。

→【0円以上買取保証】カーネクストの廃車引き取りサービスはこちら!

行政書士・・・5,000〜10,000円程度

手続き代行費用目安5,000円〜10,000円程度

行政書士に廃車手続きを代行してもらうという方法もあります。しかし行政書士が代行してくれるのは書類手続きのみとなりますので、クルマを解体や、スクラップ場に車両を運ぶためのレッカーの用意は自分でする必要があります。

行政書士に手続きを依頼するメリットは、廃車に必要な書類を郵送するだけで手続きを代行してくれるという点にあります。

転居などで車検証上の本拠の住所と現住所が離れており、管轄の運輸支局に出向けないなどといった理由があれば、行政書士に手続きを依頼するメリットがありますが、そうでない場合には解体費用やレッカー費用が別途必要となりますので、費用面でメリットが少ない方法と言えるでしょう。

車両は手元に残し、一時的にクルマの使用を中断する一時抹消登録という廃車方法を選ぶ場合には、書類申請のみで手続きが可能な行政書士に依頼するというのもひとつです。しかしクルマの解体が必要な場合には、他の業者への依頼を検討することをオススメします

中古車買取業者・・・0円〜30,000円程度

手続き代行費用目安0円〜30,000円程度

中古車買取業者に廃車を依頼した場合には、手続きだけでなくクルマの解体や車両の運搬も代行してくれます。

廃車の代行を中古車買取業者に依頼するメリットは、費用が安く済む、買取をしてもらえる可能性があるという点です。

買取店にも様々な種類が存在します。中古車として転売することを目的としてクルマの買取を行っている業者に廃車を依頼した場合、転売ができない・利益が見込めないようなクルマはディーラーと同じく廃車費用を請求されることが多いです。

しかし、廃車の買取に特化した中古車買取業者であれば、クルマとしての役割を果たしたクルマにも価値を生み出すことができるため、廃車手続きを無料で行ってくれます。さらに値段を付けて買い取ってもらえる可能性も。

そのため費用を抑えたい・手元にお金を残したいのであれば、古いクルマや故障車・不動車の買取に特化した廃車買取業者を選ぶことをオススメします。

→【0円以上買取保証】カーネクストの廃車引き取りサービスはこちら!

廃車費用を抑えたいなら手数料無料の廃車買取業者を選ぼう

廃車買取業者では、書類代行手続きやクルマの解体・車両の運搬を無料で行ってくれるため、ユーザーにとってメリットの大きい廃車方法となります。しかし、普段の生活で廃車買取業者に馴染みがなく、依頼するのが不安という方も少なくありません。

ここからは廃車費用がかからない理由や廃車買取業者に廃車代行を依頼するメリットをご紹介します。廃車買取の仕組みを理解することで不安の解消に役立ててください。

廃車費用を無料にできる3つの理由

廃車買取業者が無料で廃車の引き取り・解体・手続き代行ができるのには、次の3つの理由があります。

  • ①古いクルマでも転売できる販路を確保しているから
  • ②まだ使えるパーツの再利用で利益を出せるから
  • ③解体したクルマの素材をリサイクルに出せるから

①古いクルマでも転売できる販路を確保しているから

ディーラーや中古車買取業者が買い取ったクルマは、多くの場合中古車の売買をする業者のみが参加する業者間オークションへ出品されます。競り落とされたクルマは中古車として販売されることになりますので、中古車として需要がない低年式・高走行距離のクルマや故障で動かないようなクルマの場合には、利益が見込めず値段を付けることができません。

しかし日本国内で需要がなくなったクルマでも、東南アジア圏などクルマが一般家庭に普及し始めたばかりの国では高い人気があります。廃車買取業者は、国内で転売が難しくなったクルマを、日本の中古車の需要が高い海外に転売するルートを持っているため、日本では廃車しかないと思われるようなクルマでも買取をしたり、手数料無料で廃車にすることが可能です

②まだ使えるパーツの再利用で利益を出せるから

中古車として転売が難しいクルマでも、解体すればまだ使えるパーツが多くあります。廃車買取業者ではナビやオーディオ、タイヤなど、転売が可能なパーツのみを取って利益を出すことが可能です

③解体したクルマの素材をリサイクルに出せるから

クルマには多くの金属が使用されており、リサイクルすることで素材として転売することが可能です。廃車買取業者ではリサイクル後の素材を転売するルートも確保しているため、どれだけ古いクルマでも、故障や水没で動かなくなってしまったクルマでも、利益を出すことができます

廃車買取業車に廃車を依頼するメリット

他社で値段が付かなかったクルマの廃車を廃車買取業者に依頼することで、ユーザーには次のようなメリットがあります。

  • 他社で値段が付かなかったクルマも買い取ってもらえる可能性がある
  • レッカー代や解体費用が無料
  • 税金の還付が受けられる

他社で値段がつかなかったクルマも買い取ってもらえる可能せ雨がある

廃車買取業者では、中古車として転売する以外の販路を確保することで、他社で値段が付かなかったクルマに値段を付けられることがあります。

通常の買取と同程度の値段を付けることは難しいですが、廃車に費用がかかると言われたようなクルマでも数千円から数万円で買い取ってもらえるケースもありますので、少しでも費用を抑えて手元にお金を残したいユーザーにとってはメリットの大きい廃車方法と言えます。

レッカー代や解体費用も無料

廃車買取業者でも0円査定をされてしまうこともありますが、そのような場合でも廃車に費用がかかることはありません

ディーラーに廃車を依頼した場合には10,000円~30,000円程度の費用がかかりますので、廃車手続きの手間を少なくし費用をできるだけ抑えるためには、廃車買取業者を利用することをオススメします。

税金の還付が受けられる

クルマは所有しているだけで、年に一回一年分を先払いする自動車税や、車検ごとに次回車検分までを先払いする重量税・自賠責保険料の支払いが必要です。

先払いしたこれらの税金は、廃車にすることで支払いをしたユーザーに未経過分が還付される仕組みになっており、多くの廃車買取業者では還付金をユーザーに返金することを明記しています。

ただし、買取業者の中には還付金に関する説明が不十分であったり、還付金額は買取価格に含まれているという理由をつけ、還付金をユーザーに渡さない業者も

還付金の金額は、支払い済みの金額や廃車の時期によっても変わりますが、数万円となることもありますので、受け取れないということを防ぐためにも、依頼先は慎重に選び、事前に還付金の扱いについて確認しておくことが大切です

廃車買取ならカーネクストがオススメ!その理由は?

廃車買取なら買取実績の多いカーネクストがオススメです。廃車買取の知識も豊富なため、初めて廃車をする方も安心して利用することができます。

手間いらず!電話一本で契約完了

ディーラーでの下取りや中古車買取店での買取の場合、値決めをするために現車を確認してもらう必要があり、店舗に出向いたり査定の時間を合わせたりするのに手間がかかります。

カーネクストでは、依頼時に入力された車両の情報と、電話での車両状態の確認で値決めが完了。依頼、査定、契約までを電話一本で済ませることが可能です。

立ち会いの必要なし

カーネクストでは、電話で車両状態を確認し値段が決まるため、わざわざ査定のために時間を調整する必要がありません。

原則、車両の引き取り時のみ立会いが必要ですが、難しい場合には事前に相談しておくことで立会いなしでの車両引き取りにも応じてくれます

査定や引取りの時間を作ることが難しく廃車を先延ばしにすれば、余分な税金を支払わなければいけなくなりますので、電話だけで廃車に必要な全ての手続きができるカーネクストは、忙しい人にとっても大きなメリットとなります。

自動車税の還付を明記している

本来、支払いをしたユーザーに還付されるべき税金ですが、買取業者によっては還付金の説明がなかったり、支払われないということも。還付金の取り扱いについてはクルマの買取でトラブルになりやすい点でもありますが、カーネクストでは公式HPにて自動車税の還付について明記しています。HP内では廃車のお役立ち情報として税金についても詳しく解説されていますので、トラブルが不安な方は是非参考にしてください。

また、当サイトでも廃車時の還付金についてご紹介しています。より詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

(関連記事)クルマを売却・廃車すると還付金が戻るって本当?税金の還付金や任意保険の取り扱いについて

→【廃車手続き無料代行】カーネクストの廃車引き取りサービスはこちら!

廃車手続きの流れ

業者に廃車を依頼する場合、次の流れで廃車が行われます。

  • ①廃車方法の選択
  • ②車両の引渡しもしくは解体
  • ③必要書類を業者に渡す
  • ④廃車証明を受け取る

手続きを依頼する場合にもユーザーが用意する必要のある書類があります。スムーズに手続きを進めるためにも廃車の流れを事前に確認しておくことがオススメです。

①廃車方法の選択

廃車には「一時抹消登録」と「永久抹消登録」の二種類があります。廃車と聞いて一般的によくイメージされるのはクルマを解体した後に手続きが行われる永久抹消登録ですが、クルマを解体しなくても申請ができる一時抹消登録をしても廃車扱いとなります。

ここからは一時抹消登録と永久抹消登録についてご紹介します。どちらにするかで廃車の流れも変わってきますので、ご自身の状況にあわせて廃車方法を選択する参考にしてください。

永久抹消登録

永久抹消登録とは、クルマを解体した後に申請する必要がある手続きです。永久抹消登録をすると、運輸支局に保管されている車両データが完全に削除され、二度と同じクルマで公道を走行することはできなくなります。

一時抹消登録

一時抹消登録は、一時的にクルマの使用を中止するという申請です。永久抹消登録と異なりクルマを解体しなくても申請が可能。また車検を受け直し、ナンバープレートを新たに取得することで再び公道を走行できるようになります

クルマそのものがなくなるわけではありませんので、駐車場代を支払い続ける必要はありますが、税金はかからなくなります。また一時抹消登録でも税金の還付を受け取ることが可能です。

いつかまたクルマに乗るかもしれない、乗らなくても手元にクルマを残しておきたいという方は、一時抹消登録を行うことで余分な税金を払わなくて済みます。

また、廃車にするまでに時間がかかるという場合にも、クルマを使わないのであれば一時抹消登録をしておくと良いでしょう。一時抹消登録後にクルマを解体し、解体届けを提出すれば永久抹消登録と同じ扱いとなります

代行を依頼する業者選定

廃車方法を決めたら、手続き代行を依頼する業者を選定しましょう。クルマの解体が必要ない一時抹消登録であれば、書類を提出するだけで手続きが完了しますので、自分で運輸支局に出向けない場合は司法書士に手続き代行を依頼するのが良いでしょう。

永久抹消登録の場合はクルマの解体や運搬が必要となりますので、手続き以外も併せて代行してくれる業者を選ぶことをオススメします。手続きを行ってくれる業者は複数存在しますが、手続き代行費用として10,000円~20,000円程度が請求されることも多いため、廃車買取業者を利用することで費用を抑えることが可能です。

廃車買取業者ならどんなクルマも廃車費用無料!

廃車買取業者では、廃車に必要な解体・レッカー・手続き代行にかかる費用が無料です。古い・壊れている・動かないようなどんなクルマでもOKなので、お金をかけず廃車にしたい方は是非参考にしてください。

→【廃車手続き無料代行】カーネクストの廃車引き取りサービスはこちら!

②車両の引き渡しもしくは解体

ディーラーや買取業車に廃車を依頼する場合には車両を引き渡す必要があります。自走が可能なクルマであれば自分で持ち込みが可能ですが、故障や車検切れなどの理由で公道を走行できない状態の場合はレッカーを手配する必要があります

廃車の依頼先によっては、レッカーの費用として数万円が請求されることも。料金は基本料金に走行距離に応じた値段が加算される方法で金額が決まることが多く、持込先が遠方であればあるほど高額になることが考えられます。

また行政書士に永久抹消登録を依頼する場合には、自分でクルマの解体先やレッカーしてくれる業者を見つける必要があります。解体費用として20,000円~30,000円程度、レッカー代として5,000円~30,000円程度が必要となり、業者を探す手間もかかるため、永久抹消登録をする場合には手続き以外も代行してくれる業者を選ぶと良いでしょう。

③必要書類を業者に渡す

クルマの廃車を依頼する際、ユーザーが揃える必要のある書類は次の通りです。その人の状況によって必要書類が変わりますので、ご自身の状況と下記表を照らし合わせて確認してみてください。

書類名入手方法費用目安
印鑑証明書
(車の所有者のもの)
市・区役所
行政サービスコーナー窓口
コンビニ(一部対応市町村のみ)
発行:300円程度
登録:0~500円程度
住民票
(車検証情報から
1回住所が変更となっている場合)
市・区役所
行政サービスコーナー窓口
コンビニ(一部対応市町村のみ)
300円程度
戸籍附票
(車検証情報から
2回以上住所が変更となっている場合)
市・区役所
行政サービスコーナー窓口
コンビニ(一部対応市町村のみ)
500円程度
戸籍謄本
(車検証情報から
氏名が変更になっている場合)
市・区役所
行政サービスコーナー窓口
コンビニ(一部対応市町村のみ)
500円程度
委任状への押印業者側で用意もしくは国土交通省HPよりダウンロード0円
自賠責保険証明書車検時に受け取り済み0円
車検証車検時に受け取り済み0円
リサイクル券車両購入時に受け取り済み0円
前後のナンバープレート行政書士に依頼する場合のみ取り外して送付0円

クルマを廃車にするには、車検証上の内容と現在の所有者の情報を一致させる必要があります。そのため印鑑証明書の住所と車検証の住所が異なる場合には、変更履歴が分かる書類を別途用意しましょう。

車検証上の住所から1回のみ変更があった場合には住民票を用意します。住民票には1つ前の住所までが記載されていますので、2回以上住所に変更があった場合には、これまでの全ての転居履歴を追うことができる戸籍附票が必要です。

氏名に変更があった場合は戸籍謄本を用意しましょう。これらの書類は有効期限が3ヶ月となります。書類に不備があれば手続きが進まず、廃車が遅れてしまうこともありますので、記載内容と期限は提出前にしっかりと確認してください

④廃車証明を受け取る

廃車が完了したら業者から抹消登録証明書が届きます。廃車証明を受け取って手続きは完了です。

Q&A

Q.廃車手続きはどこに依頼すれば良い?

A.廃車手続きの代行をしてくれるのは「ディーラー」「行政書士」「買取業者」の3つです。それぞれかかる費用や代行してくれる内容が異なりますので、状況に合わせて選択する必要があります。

Q.廃車手続きを安く済ませるにはどうすれば良い?

A.できるだけ安く廃車にしたいのであれば、廃車買取業者を選ぶことをオススメします。廃車買取業車なら手続き代行費用だけでなく解体やレッカー代も無料です。ディーラーでは費用を請求されるケースが多くあります。

Q.自分で廃車にしたほうがお得?

A.自分で廃車にするには、車両の運搬や解体を自分で手配する必要があります。レッカー費用として5,000円〜30,000円程度、解体費用として20,000円〜30,000円程度がかかりますので、自分で廃車にすることでかえってお金がかかるケースが多いです。

Q.なぜ廃車買取業車は無料で廃車にできる?

A.廃車買取業車は中古車として転売できないようなクルマでも、分解して使えるパーツだけを転売したり、クルマをリサイクルすることで利益を生み出すことが可能です。そのため廃車にかかる費用を無料にすることができます。

Q.廃車買取業車はどこを選べば良い?

A.廃車を高く売る販路を多く確保している業者を選ぶことをオススメします。海外への転売ルートを持つ業者なら、他社で買い取りができなかったクルマにも値段が付くかもしれません。

まとめ

廃車手続きを代行してくれる業者は、主に「ディーラー」「行政書士」「中古車買取業者」の3つです。行政書士は書類手続きの代行のみで、ディーラーや中古車買取業者では、手続きだけでなく車両の解体やクルマの運搬も代行してくれますが、依頼先によっては数万円の費用を請求されることも多いです。

なるべく手間を少なくし費用を抑えたいのであれば、どんなクルマでも解体・レッカー・手続き代行費用が無料の廃車買取業者がオススメです。廃車買取業者は、ボロボロのクルマの扱いに特化しているため、他社で廃車に費用がかかると言われたようなクルマも値段を付けて買い取ってくれる可能性があります。

クルマは使っていなくても所有しているだけで税金がかかります。余分な税金を支払わないためにも、廃車と決めたらなるべく早く行動することが大切です。

→【廃車手続き無料代行】カーネクストの廃車引き取りサービスはこちら!

This article is a sponsored article by
''.