2018年3月8日、ホンダは3列6人乗りのジェイドを5月にマイナーチェンジすると予告。さらにホームページで情報を先行公開すると発表した。

3列6人乗りと2列5人乗りを選択できる?

全高の低いステーションワゴンのようなスタイリッシュフォルムに3列シートを採用、さらにこのクラスでは唯一の6人乗りとする、ホンダらしいかなり個性的なジェイド。過去にラインアップされていたストリームの実質的な後継モデルとして2015年にデビューした。

このジェイドを2018年5月にマイナーチェンジするとホンダが発表。また、その中身について先行情報も公開。

画像: ホンダジェイドは5月にマイナーチェンジを受ける。

ホンダジェイドは5月にマイナーチェンジを受ける。

ジェイドには1.5L直4ターボと1.5L直4+モーターのふたつのパワートレーンが用意されていた。このうちターボモデルの「RS」を2列5人乗りに変更、さらにハイブリッドモデルは5人乗りと6人乗りを選択できるようにするという。

その他にも、全グレードに先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備させ、エクステリアを若干変更しているようだ。

先行公開HPはこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.