静かで、乗り心地が良いタイヤが欲しい・・・そんな願望は、上級セダンオーナーだけの声ではない。ミニバンオーナーに向けても、そんなプレミアムコンフォートタイヤを各メーカーが用意している。

ミニバン/SUV専用プレミアムコンフォートタイヤって?

おもに静粛性/乗り心地というニーズに応えながら、さらに運動性能も追い求めた、高い次元でバランスされているのがプレミアムコンフォートタイヤというジャンルだが、ミニバンやSUV専用に特化したものもある。高重心で重量があるクルマの特性に合った上質さを提供してくれる。

画像: ミニバン/SUV専用プレミアムコンフォートタイヤって?

1:トーヨータイヤ トランパス・エルユーツー

大きく重いラグジュアリーミニバンに上質な走りと静粛性、快適性。

ミニバン専用タイヤブランド「トランパス」のラグジュアリーミニバン用タイヤ。タイヤシミュレーションを駆使したパターン/構造設計により、とくに高音域において先代モデルに対しノイズを大幅に低減。またプライコードの巻き上げを高くし剛性をアップする「スーパーハイターンアップ構造」と「ワイドエッジプライ」の組み合わせにより、ラグジュアリーミニバンにふさわしい安定した走りと快適な乗り心地を実現する。

画像: TOYO TIRES TRANPATH LuⅡ ラベリング:A-b 16〜20インチ 35〜65シリーズ 全11サイズ 価格:オープン

TOYO TIRES TRANPATH LuⅡ
ラベリング:A-b 16〜20インチ 35〜65シリーズ 全11サイズ 価格:オープン

2:ブリヂストン レグノ ジーアールブイツー

広い車室空間でも高い静粛性 ミニバン特有のふらつきも低減

プレミアムコンフォートタイヤブランド「レグノ」の最新ミニバン専用タイヤ。乗用車用「レグノGR-XI」にも採用される「ダブルブランチ型消音器」「ノイズ吸収シートⅡ」の採用により、先代モデル対比でパターンノイズは前席で11%、後席で19%低減。また転がり抵抗は18%低減、ウエットブレーキは14%短縮を実現している。さらに「レグノミニバン用サイドチューニング」を採用することで、静粛性を犠牲にせずふらつきも抑制する。

画像: BRIDGESTONE REGNO GRVⅡ ラベリング:A-b 15〜20インチ 35〜65シリーズ 全33サイズ 価格:2万0952〜8万0892円(1本。税込)

BRIDGESTONE REGNO GRVⅡ
ラベリング:A-b 15〜20インチ 35〜65シリーズ 全33サイズ 価格:2万0952〜8万0892円(1本。税込)

3:グッドイヤー エフィシェントグリップパフォーマンスSUV

優れたオンロード性能を持つ新ハイパフォーマンスSUVタイヤ

この2月にグッドイヤーの低燃費タイヤブランド「E-Grip(エフィシェントグリップ)」シリーズに追加されたハイパフォーマンスSUV用タイヤ。ショルダーブロックの大きさと配列を最適化することで路面への衝撃を和らげ、従来のE-Grip SUV HP01よりもパターンノイズは9%静かになっている。また六角形のビード形状がリムとの接地を最適化、快適な乗り心地と優れたステアリングレスポンスに貢献する。M+Sのためラベリングは付かない。

画像: GOODYEAR E-Grip Performance SUV 17〜20インチ 40〜65シリーズ 全25サイズ 価格:オープン

GOODYEAR E-Grip Performance SUV
17〜20インチ 40〜65シリーズ 全25サイズ 価格:オープン

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.