2018年4月26日、プジョーのクロスオーバーSUV、2008GTラインをベースにした特別仕様車「PEUGEOT 2008 GTライン Black&Whiteエディション」を発売した。

ベースモデルとの価格差は、3万円高くなっただけ

プジョーのBセグメントコンパクトハッチバックである208をベースに、車高をあげて最低地上高を165mm確保し、フェンダーモールや専用バンパー、ルーフレールなどを装備させたクロスオーバーSUVの2008。巷のSUV人気もあって、2017年の販売台数は対前年比で6%増加したという。

2008は全長4160mmで全幅1740mmと、日本の道路事情にもマッチしやすいボディサイズである。エンジンは110ps/205Nmを発生する1.2L直3ターボを搭載し、JC08モード燃費は17.3km/Lと良好。価格も263万円〜と手軽に手にできるインポートSUVとしての人気もある。

その最上級モデルであるGTラインをベースに、バックアイカメラやパークアシスト(縦列駐車のみ)、フロントシートヒーターなどを新規採用した特別仕様車2008 GTライン Black&Whiteエディションを2018年4月26日に発売した。

画像: ベースモデルとの価格差は、3万円高くなっただけ

その名のとおり、ボディカラーを白(パールホワイト)と黒(ペルラネラブラック)、2色を用意。また通常モデルのツートンアロイホイールの他に、専用塗装されたブラックアロイホイールも選択することができる。価格は288万円。これはベースモデルから3万円高くなっているだけで、お買い得感がある。

さらに5月12〜20日までプジョーの正規ディーラーでデビューフェアを開催する。そこでは来場者にもれなくオリジナルタンブラーをプレゼントするという。また2008に試乗した人の中から抽選でポータブル・エスプレッソマシン「ミニプレッソ」も当たるという。どちらもweb申し込みが必要。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.