フランス車であるルノーのモデルを、長期でレポートする連載企画がはじまります。まず最初は新型メガーヌのエステートモデル、メガーヌ スポーツツアラーGTをレポート。これから使い勝手や燃費、乗り味などを、オーナー目線で見ていきます。まず第1回目はクルマの紹介から。

メガーヌ スポーツツアラーってどんなクルマ?

メガーヌは、ルノーのCセグメントモデル。フォルクスワーゲン ゴルフやアウディA3、BMW1シリーズ、メルセデス・ベンツAクラス、マツダアクセラなどがライバルになります。

1995年に初代が誕生したモデルで、現行型は4代目。日本では2017年11月9日に発売された新型モデルでもあります。

ボディバリエーションは、5ドアハッチバック(メガーヌ)と、ワゴン(スポーツツアラー)の2つ。ハッチバックの全長が4385mmに対し、スポーツツアラーは4635mmと250mm長くなります。

エンジンは1.2L 直4ターボと1.6L直4ターボの2つがありますが、スポーツツアラーは1.6Lターボのみ。これは205ps/280Nmを発生する、かなりスポーティなモデルとなり、「GT」と名づけられています。

今回、Webモーターマガジン編集部にやってきたのは、メガーヌ スポーツツアラーGT。実用性とスポーティさを兼ね備える1台。今後いろいろな側面からレポートしていこうと思います。

画像: 編集部にやってきた新しい相棒、ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT。ボディカラーはグリ チタニアムM。

編集部にやってきた新しい相棒、ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT。ボディカラーはグリ チタニアムM。

ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT 主要諸元

●全長×全幅×全高=4635×1810×1450mm ●ホイールベース=2710mm ●車両重量=1480kg ●エンジン=直4DOHCターボ ●排気量=1618cc ●最高出力=205ps/6000rpm ●最大トルク=280Nm/2400rpm ●トランスミッション=7速EDC(DCT) ●駆動方式=FF ●車両価格=354万円

画像: 実用的なエステートモデルながら、デザインもかなりカッコイイ! この角度からのお尻は何とも美しいです。

実用的なエステートモデルながら、デザインもかなりカッコイイ! この角度からのお尻は何とも美しいです。

画像: 今後、走りのフィーリングや積載性なども報告していきます。お楽しみに!

今後、走りのフィーリングや積載性なども報告していきます。お楽しみに!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.