究極の三次元モータースポーツ、レッドブル・エアレース。2018年シーズン第4戦の決勝は6月24日にハンガリーのブダペストで開催。13万5千人の観客が見守る中、チェコのマルティン・ソンカ選手が今シーズン初優勝した。

予選2位で期待された室屋選手だったが…。

画像: ドナウ川の両岸に美しい街並みが広がるブダペスト。コースは、ドナウ川の川面にパイロンをセットして作られる。

ドナウ川の両岸に美しい街並みが広がるブダペスト。コースは、ドナウ川の川面にパイロンをセットして作られる。

ドナウ川の川面にパイロンをセットしたコースで競われる、レッドブル・エアレース第4戦ブダペスト大会。
ソンカ選手は、今大会は絶好調! フリープラクティス1からファイナル4までの7回のフライトで一度もペナルティを受けることなく、すべて58秒台以下で飛行。しかも予選はトップタイムという、手がつけられない速さを見せた。

画像: 今シーズン初優勝でシリーズ3位にアップしたソンカ選手。

今シーズン初優勝でシリーズ3位にアップしたソンカ選手。

2位はマスタークラス最年少(30歳)の、ミカ・ブラジョー選手(フランス)。自身のキャリア初の表彰台を獲得し、シリーズランキングも4位に浮上した。
3位には、前戦の千葉大会で優勝したマット・ホール選手(オーストラリア)が入る。シリーズランキングも1位を守っている。

画像: 初の表彰台を得たブラジョー選手の機体は、フルカーボン・モノコックのMXS-Rだ。

初の表彰台を得たブラジョー選手の機体は、フルカーボン・モノコックのMXS-Rだ。

予選2位と好調だった室屋選手だったが、決勝の1回戦(ラウンド14)で千葉大会と同様にバーティカルターン(宙返り)で旋回Gが12Gを超えてしまったため失格となった。これでシリーズランキングも5位に後退した。

画像: 予選2位と好調で、今シーズン初優勝が期待された室屋選手だったが…。

予選2位と好調で、今シーズン初優勝が期待された室屋選手だったが…。

今シーズンは残り4試合で、トップのホール選手と室屋選手のポイント差は26点。優勝から10位まで15-12-9-7-6-5-4-3-2-1点とポイントが得られるシステムを考えると、室屋選手のシリーズ連覇はかなり厳しくなってきたようだ。
次戦は、8月25日(土)・26日(日)のカザン(ロシア)。
まずは、室屋選手の今シーズン初優勝に期待したい。

画像: 写真左からブラジョー選手、ソンカ選手、そしてホール選手。今シーズン、最後に笑うのは果たして…?

写真左からブラジョー選手、ソンカ選手、そしてホール選手。今シーズン、最後に笑うのは果たして…?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.