6月20日、アウディAGは独ベルリン連邦首相府で三次元モビリティ実現へ向けたプロジェクトをパートナー企業と進めるという合意書に調印した。今後、アウディAGが本拠をおくインゴルシュタット地域で、エアタクシー試験運用のモデルケースを構築することになる。
画像: エアバスが開発イメージする大型のドローン。下部にあるのはふたり乗りキャビン。

エアバスが開発イメージする大型のドローン。下部にあるのはふたり乗りキャビン。

夢が現実になるときが来た

アウディは自動運転技術に関して業界のリーダーであることを自負しているが、すでにその先のことも見据えて動き出している。それが“エアタクシープロジェクト”の支援である。

自動運転がいかに進歩しようと、それはあくまでも道路があって初めて可能になることである。そして道路というインフラは老朽化もするし、また新たに作ることには非常な困難をともなうものである。

そうするとモビリティのひとつの理想形として“空飛ぶクルマ”が浮上してくることは必然と言っていいだろう。ただこれまでそれは夢物語でしかなかった。技術的に解決すべきことがあまりにも多過ぎたからだ。

画像: “ポップ・アップ・ネクスト”はキャビンがクルマかドローンのどちらにも付く。

“ポップ・アップ・ネクスト”はキャビンがクルマかドローンのどちらにも付く。

それがいよいよ現実のものとして考えられるほどに技術が進歩してきた。アウディはすでに3月のジュネーブオートサロンで、エアバスとイタルデザインと組んで“ポップ・アップ・ネクスト”というコンセプトを発表している。

これは超軽量ふたり乗りキャビンに用途に応じて水平移動(クルマ)と垂直移動(ドローン)のパワートレーンを組み合わせて使うというものだ。この新たな乗り物が道路や上空を縦横無尽に走り回ることで都市交通のさまざまな問題が解決できるのだ。

画像: ドイツはこうした官民一体のプロジェクトを様々な分野で進めている。

ドイツはこうした官民一体のプロジェクトを様々な分野で進めている。

今回のプロジェクトはアウディ、エアバス、ドイツ連邦運輸局、インゴルシュタット市などにより、こうした未来を想定して推進されることになる。かつてマンガの世界で見た未来都市が、いよいよ現実のものになるのかも知れない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.