BMWはすでに“コネクテッド・ドライブ”というテレマティクスサービスを2013年から導入しているが、今回、新機能を加えられた。さらにこれと連動したスマホ用の新アプリ(iOSのみ対応)が日本でも使えるようになった。
画像: 【ニュース】BMWコネクテッド・ドライブ刷新、スマホ用の新アプリを日本へ導入

プレミアムカーに相応しいサービス

BMWの車載通信モジュールによるテレマティクスサービス、「BMWコネクテッド・ドライブ」が進化して、より使いやすくなった。

地図機能に関してはパソコンやスマホで事前に検索した目的地をよりスムーズで簡単にクルマのナビゲーションへ移すことができるようになった。また、目的地への希望到着時間を設定しておくと、最新の交通状況を加味した上で、適切なタイミングで出発を促す通知がドライバーに届く。

さらに広い駐車場などで自車位置がわからなくなったとき、これまでは車両の位置を地図上に表示するだけだったが、今回の改良で車両までの徒歩ルートを表示することもできるようになった。

車両情報に関することでは、車載カメラの映像を離れたところからスマホ上で確認でき、またドアと窓の開閉状況もわかるようになっている。

メインテナンス・サービス関連では、エンジンオイルなどの一部消耗品のメインテナンス情報をアプリでも確認できるようなり、ディーラー検索/予約も簡単になった。また、BMWオーナー向けのBMWニュースをスマホで閲覧できるようになった。

プレミアムカーの世界では、クルマそのものの出来映えとともに、コネクテッドでいかに充実したサービスを提供できるかが勝負となってきたようだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.