2018年8月22日、メルセデス・ベンツはEクラスのセダンとステーションワゴンにE450 4マティック エクスクルーシブを、クーペとカブリオレにE450 4マティック スポーツを設定した。

排気量を500ccダウン。でもパワーは大幅アップ!

これまでメルセデス・ベンツ Eクラスには、3.5L V6DOHCツインターボ(333ps/480Nm)を搭載したE400 4マティック エクスクルーシブがラインアップしていた。セダンとステーションワゴン、クーペ、カブリオレすべてのボディ形状に設定され、高い静粛性や乗り心地の良さなど、ラグジュアリー性を高めた4WDモデルだ。

このE400グレードが廃止され、新たにE450 4マティック エクスクルーシブ(クーペとカブリオレは“スポーツ”)が加わった。名称が変わったのはエンジンを刷新したからで、気筒数をそのままに排気量を500ccダウンさせた、3L V6 DOHCツインターボに換装。エンジンを小さくしたにもかかわらず、パワーはこれまでより34ps/20Nmアップして367ps/500Nmを発生する。エンジンだけでなく、ホイールはスポーツ感を高めた5スポークデザインに変更されている。サイズは変わらず18インチ。

画像: 2018年8月22日に追加された、EクラスセダンのE450 4マティック エクスクルーシブ。

2018年8月22日に追加された、EクラスセダンのE450 4マティック エクスクルーシブ。

また、Eクラス セダンとステーションワゴンの全グレードにおいて、本革シートを標準装備させたこともトピック。上質なイメージを強化してきた。

今回の改良に伴ってラインアップが整理され、これまでセダンとステーションワゴンに設定されていたグレードがいくつか廃止されている。2L 直4ターボを搭載した「E200 アバンギャルドスポーツ」と、2L直4ディーゼルターボの「E220d アバンギャルドスポーツ」、3L V6ツインターボの「メルセデス・AMG E43 4マティック」だ。クーペとカブリオレのグレード編成は、E400→E450の変更以外にない。

Eクラスセダンの価格

E200 アバンギャルド 701万円
E200 4マティック アバンギャルド 724万円
E220d アバンギャルド 728万円
E250 アバンギャルド スポーツ 798万円
E350e アバンギャルド スポーツ 821万円
E450 4マティック エクスクルーシブ 1053万円
メルセデス・AMG E63 4マティック+ 1668万円
メルセデス・AMG E63 S 4マティック+ 1805万円

Eクラスステーションワゴンの価格

E200 アバンギャルド 738万円
E200 4マティック アバンギャルド 761万円
E220d アバンギャルド 765万円
E220d 4マティック オールテレイン 875万円
E250 アバンギャルド スポーツ 835万円
E450 4マティック エクスクルーシブ 1116万円
メルセデス・AMG E63 4マティック+ 1705万円
メルセデス・AMG E63 S 4マティック+ 1858万円

画像: EクラスステーションワゴンのE450 4マティック エクスクルーシブ。

EクラスステーションワゴンのE450 4マティック エクスクルーシブ。

Eクラスクーペの価格

E200 700万円
E200 スポーツ 769万円
E300 スポーツ 855万円
E450 4マティック スポーツ 1086万円

画像: EクラスクーペのE450 4マティック スポーツ。

EクラスクーペのE450 4マティック スポーツ。

Eクラスカブリオレの価格

E200 735万円
E200 スポーツ 804万円
E450 4マティック スポーツ 1141万円

画像: EクラスカブリオレのE450 4マティック スポーツ。

EクラスカブリオレのE450 4マティック スポーツ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.