2018年12月12日、東京・虎ノ門で2018年日本デビューを果たした「ウルス」「ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」「アヴェンタドール SVJ」とともに2018年を振り返るイベント「ランボルギーニ イヤーエンドパーティ 2018」が開催された。

華麗なるランボルギーニの世界

「ランボルギーニ イヤーエンドパーティ 2018」では、世界初のスーパーSUV「ウルス」、ウラカンで開発された技術と コンバーチブルの高揚感を一つにした「ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」、更にニュルブルクリンク北コース市販車最速となる6分44秒97というタイムを打ち立てた「アヴェンタドール SVJ」が、華麗なランボルギーニの世界観に演出されたスペースに展示され、ランボルギーニのオーナーをはじめ300名を超える参加者で賑わった。

このイベントでは一夜限りの躍動感あふれるジャズライブやアウダーツグランプリも行われ、ランボルギーニ・ジャパン社長のフランチェスコ・クレシ氏は 「2018年はウルスを日本市場に導入したことにより、今まで以上の関心を持っていただけました。2019年もより幅広い層の方々にランボルギーニを親しんでもらえるよう、新たなニュースを発信していきます」と挨拶した。

2019年はジュネーブオートサロンでビッグサプライズがあるという噂が流れているが、おそらくそのモデルもすぐに日本に導入されるというから楽しみだ。

画像: ランボルギーニ・ジャパン カントリー・マネージャー のフランチェスコ・クレシ氏とアヴェンタドール  SVJ。

ランボルギーニ・ジャパン カントリー・マネージャー のフランチェスコ・クレシ氏とアヴェンタドール SVJ。

画像: 会場にはランボルギーニ・オリジナルクリスマスツリーが飾られた。

会場にはランボルギーニ・オリジナルクリスマスツリーが飾られた。

画像: 躍動感あふれる、一夜限りのジャズのライブ演奏もあり、イベントは盛り上がった。

躍動感あふれる、一夜限りのジャズのライブ演奏もあり、イベントは盛り上がった。

This article is a sponsored article by
''.